土門 「警察学校の教官ですか?」
藤倉 「先方は腕の立つ強行犯の刑事を欲しいと言ってきてる。内示には まだ時間がある。断るにしろ受けるにしろ、考えてみるいい機会じゃないか?」

のっけから土門薫(内藤剛志)に異動が打診された、12月5日放送の『科捜研の女』(テレビ朝日系)。「異動」「卒業」を主軸に捉えると、様々なやり取りが印象的な光景に思えてくる23話だった。

土門に独り立ちを促された蒲原が覚醒


まずは、蒲原勇樹(石井一彰)の台頭にフォーカスしたい。親友でありライバルだった元刑事・火浦義正(升毅)が事件に関わっていると知った土門は、今回の事件から外れることを自ら希望した。

土門 「このヤマはお前に任せた」
蒲原 「いや、何言ってるんですか。土門さんがいなきゃ……」
土門 「いつまで俺を頼る気だ。お前もいいかげん独り立ちする頃だろ。な?」

単に刑事としての独り立ちを促しているのか、色々な意味でのバトンタッチを意味する会話だったのか。今思うと、スルーしにくいやり取りである。

蒲原は蒲原で、土門の期待にきちんと応えた。火浦が営む古本屋で見つけた紙の燃えカスが気になる彼は「復元できますよね!?」と日野和正所長(斉藤暁)に威圧感を与えにいったのだ。マリコ直伝の目力ビームを披露し、どんどんマリコ化していく蒲原(ちなみに石井一彰は東宝芸能で沢口靖子の後輩)。「蒲原がメインキャストなら、こんなシーンがこれから頻出する?」と想像させる一場面だった。