review

「科捜研の女」ミスリードと謎演出の連続や「ドクターX」オマージュに呆れてたら最後に涙21話

「科捜研の女」ミスリードと謎演出の連続や「ドクターX」オマージュに呆れてたら最後に涙21話
イラスト/サイレントT
11月21日放送『科捜研の女』(テレビ朝日系)21話のストーリーはややこしかった。全く真犯人が読めないし、演出は変だし、ミスリードばかりだし、呆れていたら急に最後に泣かせにくるのだ。

<第21話あらすじ>ぬいぐるみから亡き孫の肉声「おじいちゃん、遊ぼう」


本城テック副社長の本城雄作(尾崎右宗)が自室で刺殺体として見つかった。雄作は鉄道玩具コレクターで、榊マリコ(沢口靖子)らが臨場したときも鉄道模型2台が走行していた。現場に凶器はなかったものの、被害者の血液が付着したおもちゃの車のタイヤが発見される。さらに走っていたおもちゃの電車1台は事件前日まで壊れて動かなかったという証言もあがり、その表面からは身元不明の指紋が検出された。
現場にあった微物の鑑定結果から、おもちゃをボランティアで修理してくれる“おもちゃ診療所”の存在が浮かび上がる。さらに。現場にあったおもちゃのタイヤは、市内の宝飾店に勤務するジュエリーデザイナー・椎名小百合(遊井亮子)が息子・晴(つる井孝太)のため、診療所の“ドクターK”久保井俊平(西村まさ彦)に修理を頼んだトラックの部品と判明。久保井は5年前まで本城テックの下請けをしていたが、雄作の気まぐれから契約を切られた過去があった。
久保井の自宅にあったうさぎのぬいぐるみを橋口呂太(渡部秀)が触ろうとした瞬間、久保井は呂太を怒鳴りつける。マリコはこのぬいぐるみの中に凶器があるのでは? とぬいぐるみを解剖(分解)するも、中からは何も見つからず。そこでおもちゃ診療所にあるぬいぐるみ全てをX線検査すると、1体のぬいぐるみから工具を発見。これに付着する血液は雄作のそれと一致した。この工具は主にジュエリーデザイナーが使用する加工用のヤスリだった。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月28日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。