「今日も缶詰食って、酒飲んで、焚き火して、無になって」

三浦貴大、夏帆主演のドラマ25「ひとりキャンプで食って寝る」
(テレビ東京・金曜深夜0時52分~)。ゆるい「ソロキャンプ」をテーマにした趣味ドラマだ。

先週放送された第9話は、缶詰大好きなソロキャンプ男・健人(三浦貴大)が主役の回。ソロキャンプ先で、やはりソロキャンプにやってきた苦手な課長(田口トモロヲ)と鉢合わせてしまう。

後半にさしかかり、人がひとりでいることをテーマにしたドラマ部分が色濃くなってきたような気がする。監督は田口トモロヲも出演した「バイプレイヤーズ 〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜」の横浜聡子。

冒頭のセリフは、キャンプ場にやってきた健人の気持ちのこもった呟き。彼の考えるソロキャンプの楽しみがこの独り言に凝縮されている。ややこしい人間関係から切り離され、ゆらゆら揺れる火を見ながら「無」になることができるのがソロキャンプの醍醐味なのだろう。

よかれと思ってやったのに


休日出勤をこなした後、木更津のキャンプイベントにやってきた健人。謎の踊りをしている集団に目をやると、踊りの輪に外で入りたそうにしている課長の姿を見つけてしまう。あわてて身を隠そうとするが、あえなく見つかる健人。これでは到底、「無」になんてなれそうもない。缶ビールで乾杯するときの缶の位置と手の伸ばし具合だけで、2人の人間関係がわかってしまう。

並んでビールをあおりながら、健人の最近の忙しさについて申し訳無さそうな表情を見せる課長。健人は「この人、会社でこんな顔したことないよ」と心の中でつぶやく。きっと会社ではかなり厳しい上司なのだろう(健人は凡ミスで叱責されたばかり)。