三浦貴大、夏帆主演のドラマ25「ひとりキャンプで食って寝る」
(テレビ東京・金曜深夜0時52分~)。ゆるい「ソロキャンプ」をテーマにした趣味ドラマだ。

先週放送された第10話は偶数だから夏帆の主演回。野山で獲物をとって食べるハードボイルドなソロキャンプ女・七子がキャンプ先でなんだかワケありの人たちに出会うのだが、振り返ってみると彼女が出会うのは男女の組み合わせが多かった(祖母と孫の組み合わせなども含む)。

第10話で七子が出会ったのは、同じソロキャンプ女子の冬子(山下リオ)とその恋人・順平(中島歩)だった。ソロキャンプ女子とソロキャンプ女子とついてきた男。これはややこしくなりそうだ……。
「ひとりキャンプで食って寝る」10話。他人のキャンプ趣味を笑うな。リハウスガールの夏帆&山下リオ
イラスト/まつもとりえこ

転がるテントのような男


海辺のキャンプ場にやってきたソロキャンプ女子・冬子と彼女と一緒にいようとする男・順平。雰囲気は明らかに険悪そう。結局、冬子が強硬に主張して、テントも食事も別々に。会話を聞いていると、2人は同棲中の恋人同士だが、どうやら順平がソロキャンプのことを小馬鹿にしてケンカになったらしい。

大切な趣味を他人がとやかく言うのは、2019年においては明らかにルール違反だ。「人のセックスを笑うな」風に言うなら、「人の趣味を笑うな」。いくら恋人同士だからってケンカになるのは当然だろう。

おまけに順平は依存心が強く、冬子との結婚の話さえのらりくらりとかわし続けているらしい。ペグを打たずに転がり続けるテントのフラフラさまよう感じが、彼を象徴している。テント男と化して気軽に七子に話しかけている様子を見ると、浮気の経験もあるのかもしれない。