「ひとり言かぁ。よぉし、俺も言ってみるかな」
「でも、それだと何か面白いこと言おうとするでしょ、絶対。やっぱり人に気遣っちゃうんだ、ひとり言なのに」
「よぉし、釣るぞぉ! 頑張るぞぉ! みんなの朝メシ釣り上げるぞぉ!」

三浦貴大、夏帆主演のドラマ25「ひとりキャンプで食って寝る」(テレビ東京・金曜深夜0時52分~)。ゆるい「ソロキャンプ」をテーマにした趣味ドラマだ。

先週放送された第8話は、獲って食べることが大好きなソロキャンプ女・七子(夏帆)が主役の回。七子が渓流でヤマメ釣りに挑戦するというお話だが、とにかくゲストの川瀬陽太がすさまじく印象に残るエピソードだった。冒頭の会話は、七子と川瀬陽太演じるおっさんのもの。ちょっと滑稽でなんだか物哀しい。

あと、夏帆の黒タイツも印象深いエピソードだった。
「ひとりキャンプで食って寝る」夏帆の黒タイツ姿鮮烈!キモいおっさん上司に救いはあるか?8話
イラスト/まつもとりえこ

夏帆の黒タイツ越しのクレソン


冒頭、スーパーでガサガサと買い物をする女性・由紀(柳英里紗)の姿が映し出される。様子を見ていると、普段あまりスーパーで買い物をしない人なのだということがわかる。山でキャンプをするのに冷凍のシーフードミックスを買うのは一種のガサツさの表れだろう。

七子は渓流でヤマメ釣りに挑戦中。ちょうちんのようなタックルベストが可愛らしいが、これは老舗アフトドアブランド、Foxfireのアルフラックスタックルベスト。夏帆の黒タイツ姿が強調されていたが、渓流釣りにタイツ姿は定番らしい。「鮎タイツ」という商品カテゴリもあった。