review

最終回「いだてん」坂井義則と五りん2つの側から描かれた聖火リレー、レビューも完走、有難うございました

年明けより放送されてきたNHKの大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」が12月15日、ついに終わってしまった(きょう昼1時5分から再放送がある)。最終回では、1964年10月10日、前日の雨がウソのように晴れ上がり、東京オリンピックの開会式当日を迎えた。その日早朝、国立競技場に一番乗りした田畑政治(阿部サダヲ)は、金栗四三(中村勘九郎)と顔を合わせる。本作の二人の主人公のそろい踏みだ。
イラスト/まつもとりえこ

マリーの占いの秘密があきらかに


前回(第46話)、バー「ローズ」のマリー(薬師丸ひろ子)が、開会式の前夜、翌日の天気を心配する田畑のため、タロット占いをする場面があった。これまで彼女の占いはずっと外れっぱなしで、現実は占いと逆の結果になってきただけに、田畑は最初断るが、「当たったらカラーテレビを買って」と約束させられ、占ってもらうことになる。私はこのときの結果について、前回のレビューで、出たカードがじつは晴れを示していたのに、マリーは田畑のためわざと雨だとウソをついたのではないかと書いた。最終回ではそのとおりであったことが、マリーが店で客たちと開会式のテレビ中継を見ながら口にした「晴れたでしょ。占い、わざと反対を言ったの」というセリフであきらかになる。彼女は、田畑から御礼としてカラーテレビもしっかり買ってもらっていた(きのうのきょうなのに、開会式の放送にまにあうよう電器屋に急いで届けてもらったのだろう)。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「いだてん〜東京オリムピック噺〜」に関する記事

「いだてん〜東京オリムピック噺〜」に関する記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

いだてん

NHK大河ドラマ「いだてん」

お買いものリンク