review

クライマックス「いだてん」本当にあと1回で終わるの?終わらないでほしい「よく聞け、小役人ども」46話

年明けより放送されてきたNHKの大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」がいよいよきょう、最終回を迎える。先週12月8日に放送された第46話では、ついにオリンピックイヤーの1964年に入り、開幕ぎりぎりまで人々が準備に追われる様子が描かれた。さすがに終盤とあって、クライマックスに次ぐクライマックスと言っても過言ではない。長くなるが、あらましを追ってみたい。
クライマックス「いだてん」本当にあと1回で終わるの?終わらないでほしい「よく聞け、小役人ども」46話
イラスト/まつもとりえこ

原爆投下の日に生まれた青年が聖火最終走者の候補に


田畑政治(阿部サダヲ)が大会組織委員会の事務総長を解任されたのにともない、記録映画を手がける予定だった黒澤明(増子直純)も監督を辞退していた。それに代わって、1964年1月、市川崑が起用される。市川を演じるのは、脚本家・演出家の三谷幸喜。三谷の大河ドラマ出演は「功名が辻」(2006年)の足利義昭役以来だが、さすが市川ファンを公言するだけに(市川の最後の監督作品「犬神家の一族」にも出演している)、くわえタバコで小首をかしげてポーズをとり、すっかり名監督になりきっていた。名前のテロップも、「犬神家の一族」などでおなじみ(のちにアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」でもオマージュされた)の極太明朝体を直角に配置する凝りよう。

4月10日には、聖火ランナーの写真を使ったオリンピックポスター第4号が完成する。田畑が事務総長をやめて1年半が経っていた。一時は大会関係者が夜な夜な集まり「裏組織委員会」の様相を呈した田畑宅だが、さすがに開催が近づき、みんな多忙をきわめているせいか、ぱったり客足は途絶えていた。そこへ久々に渉外部長の岩田幸彰(松坂桃李)と選手強化本部長の大島鎌吉(平原テツ)が訪ねてくる。聖火リレーの最終走者候補を、1945年8月6日、原爆投下当日に広島で生まれた早大生・坂井義則(井之脇海)に決めたと報告に来たのだ。岩田は「できすぎでしょうか」と言うが、田畑は諸手をあげて賛成する。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「クライマックス「いだてん」本当にあと1回で終わるの?終わらないでほしい「よく聞け、小役人ども」46話」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    ずっとおもしろくて素晴らしかった。視聴率低いと負け犬の遠吠え呼ばわりされて(家族に)、くやしい。私からはアカデミー賞さしあげたい。

    0
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

いだてん

NHK大河ドラマ「いだてん」

2019年12月15日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。