review

「スカーレット」118話。息子役の伊藤健太郎、夫役の松下洸平に花をもたせる。戸田恵梨香の控えめな力

「スカーレット」118話。息子役の伊藤健太郎、夫役の松下洸平に花をもたせる。戸田恵梨香の控えめな力
連続テレビ小説「スカーレット」118話。木俣冬の連続朝ドラレビューでエキレビ!は毎日追いかけます

(これまでの木俣冬の朝ドラレビューはこちらから)

連続テレビ小説「スカーレット」 
◯NHK総合 月~土 朝8時~、再放送 午後0時45分~
◯BSプレミアム 月~土 あさ7時30分~ 再放送 午後11時30分~
◯1週間まとめ放送 土曜9時30分~
「スカーレット」118話。息子役の伊藤健太郎、夫役の松下洸平に花をもたせる。戸田恵梨香の控えめな力

『連続テレビ小説 スカーレット Part1 (1)』 (NHKドラマ・ガイド)

第20週「もう一度家族に」118回(2月20日・木 放送 演出・鈴木 航)


喜美子(戸田恵梨香)が陶芸家として自立してから後援会会長として登場した住田さん(田中美央)。
ただの陶芸好きな世話焼きではなく美術商だ。
世話焼きで、ゴシップ大好きで、おばちゃんぽくて、あけすけで。
かわはら工房に八郎(松下洸平)がやって来たところに鉢合わせして、「元のさやいう あれ?」とひとり盛り上がる。
喜美子はアンリに誘われてパリ行きを考えはじめ、予定を変更したいと相談したつもりが、住田は勘違いしたのだ。

田中美央は声が良くて、話し方が下品に聞こえないからいやな感じがしない。芸術の世界にいる、育ちがよくて教養もあってセンスもあって作法も知っているけど、下世話な話にも通じた、上流から下流までわかっている(とはいえ、業界ど真ん中ではなく、信楽という田舎の人でもある)人の感じがよく出ている。

住田さんもいいけど、やっぱり戸田恵梨香


住田さんに目がいった冒頭。そして、八郎と武志(伊藤健太郎)の泣き笑いの再会があって、117回は八郎と武志がメインになる。これに関してはたっぷり後述するが、主人公にもかかわらず八郎と武志を輝かせて、ひとり静かに夕飯作っている喜美子の功労を讃えたい。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「スカーレット」118話。息子役の伊藤健太郎、夫役の松下洸平に花をもたせる。戸田恵梨香の控えめな力」の みんなの反応 3
  • うお座の女     通報

    「お父ちゃんはどこにも行かへん。おるで。話しよ。いっぱい話しよ」・・・あんなふうに言われたら、そりゃ泣いちゃいますよ。感動の名シーンがいっぱいで、大満足。視聴率が多少低かろうがドンマイ!

    8
  • 匿名さん 通報

    今週は前半がアンリさん、後半が武志を軸に物語が動いてますね。 ところで直子の子供と言う人がまだ登場していません。 台詞でも今の時点で存在が確認できません。3月にならないと出ないのかな?

    0
  • 匿名さん 通報

    八郎は日帰りのつもりだから早く帰る予定だったんですよね? 武志が予定より遅かったから二分しかいられないと言って、泊まることになったから腰を落ち着けたのだと思いますが

    0
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スカーレット

スカーレット

第101作目のNHK「連続テレビ小説」。焼き物の里・信楽を舞台に、戸田恵梨香演じる陶芸家・川原喜美子の波乱万丈な人生を描く。共演に松下洸平、北村一輝、富田靖子、中須翔真、西川貴教、大島優子ら。2019年9月30日~2020年3月27日放送。

2020年2月21日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。