review

「スカーレット」120話。林遣都がすごいわけ。特別編が楽しみ

「スカーレット」120話。林遣都がすごいわけ。特別編が楽しみ
連続テレビ小説「スカーレット」120話。木俣冬の連続朝ドラレビューでエキレビ!は毎日追いかけます

(これまでの木俣冬の朝ドラレビューはこちらから)

連続テレビ小説「スカーレット」 
◯NHK総合 月~土 朝8時~、再放送 午後0時45分~
◯BSプレミアム 月~土 あさ7時30分~ 再放送 午後11時30分~
◯1週間まとめ放送 土曜9時30分~
「スカーレット」120話。林遣都がすごいわけ。特別編が楽しみ

『連続テレビ小説 スカーレット Part1 (1)』 (NHKドラマ・ガイド)

第20週「もう一度家族に」120回(2月22日・土 放送 演出・鈴木 航)


林遣都に泣かされた。
勢いで林遣都のことだけ書いてしまいそうになる衝動を抑えて120回のあらましを振り返る。
(伊藤健太郎のことも書きますので最後まで読んでください)

離婚して十数年、まだ未練たらたらながら、どうにも手がみつからない喜美子(戸田恵梨香)と八郎(松下洸平)が、ついに一歩を踏み出した。
きっかけは器(皿)を割ること。
若き日、喜美子との恋から生まれ、八郎が新人賞を獲った紅い器を割ることで心機一転。

陶芸は壊してはつくり壊してはつくるもの。と思っているのは喜美子だけでなく、陶芸の道を歩む者にはそういう精神が少なからず備わっているのだろうから格別なことではないと思うが、大事な新人賞作まで割るとはこれはかなり思いきったことをする。

しかも割ったのは八郎ではなく武志(伊藤健太郎)だった。
いやむしろ、息子が割ることに意味があったといえる。分かれた父母に胸を痛め続けた息子が割ることで、もう一度、家族の関係を作るきっかけを作るという意味で。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「スカーレット」120話。林遣都がすごいわけ。特別編が楽しみ」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    今週21週目は本放送中では異例の本筋から離れた展開?新聞の「今週の内容」を見るとそんな感じ。 今週の場面を1カ月早く放送してたら、「例の一件」で不快感を覚えた視聴者の機嫌が直ったかもしれないが…。

    12
  • 匿名さん 通報

    「例の一件」ってなんのこと?

    7
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スカーレット

スカーレット

第101作目のNHK「連続テレビ小説」。焼き物の里・信楽を舞台に、戸田恵梨香演じる陶芸家・川原喜美子の波乱万丈な人生を描く。共演に松下洸平、北村一輝、富田靖子、中須翔真、西川貴教、大島優子ら。2019年9月30日~2020年3月27日放送。

2020年2月24日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。