review

「スカーレット」126話。特別編最終回に拍手「記憶にございます」鮮やか

「スカーレット」126話。特別編最終回に拍手「記憶にございます」鮮やか
連続テレビ小説「スカーレット」126話。木俣冬の連続朝ドラレビューでエキレビ!は毎日追いかけます

(これまでの木俣冬の朝ドラレビューはこちらから)

連続テレビ小説「スカーレット」 
◯NHK総合 月~土 朝8時~、再放送 午後0時45分~
◯BSプレミアム 月~土 あさ7時30分~ 再放送 午後11時30分~
◯1週間まとめ放送 土曜9時30分~
「スカーレット」126話。特別編最終回に拍手「記憶にございます」鮮やか

『連続テレビ小説 スカーレット Part1 (1)』 (NHKドラマ・ガイド)

第21週「スペシャル・サニーデイ」126回(2月29日・金 放送 脚本・三谷昌登 演出・野田雄介)


百合子(福田麻由子)の同級生に信作(林遣都)が要らぬ嫉妬をしたため喧嘩になって百合子が怒って出ていってしまい、信作ひとりが喫茶サニーの店番をしていたら、亡くなったマツ(富田靖子)が生前入っていた合唱団の人たちが来店。

5人もの客のそれぞれ違う注文に困る信作。なにしろコーヒーすらまともに入れることができなかったのだから。
ジャムトーストもつくれないでわたわたしていると、続々、客が来店。外国人まで。

信作はなにも作れないので、客に作ってあったコーヒーが隠し味のカレーを勧めてことなきを得るなど、こういうてんやわんやをテンポよく見せて、最大の見せ場へ向かう。

ママさん合唱団が来た


合唱団の人たちが「バラが咲いた」(「スカーレット」ではよくこの曲が出てくる)の練習をはじめる。そのメロディは信作の神経をさかなでするようにも響く。
ここで録音されていたテープがその後、生きてくるとは。

夕方、戻ってきた百合子が、散らかりまくった店内を見回して、そこにラジカセ (セリフや字幕では「ラジカセ」だったが、実際はカセットテープレコーダーだった)があるのを見つけ、巻き戻すと喧騒の様子が録音されていた。そこには、ひとりになって「百合子〜 ごめんなー」と悲痛な叫びをあげる信作の声(本音)があった。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「スカーレット」126話。特別編最終回に拍手「記憶にございます」鮮やか」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    大阪制作は、何故いつもジョークのレベルが低い位置で安定しているのだろう?脚本家が代わってもすべってばかりなのは面白くしたら誰かに怒られるからなんでしょうか?

    5
  • 匿名さん 通報

    直子・百合子・照子・信作のモデルは実際にいるのでしょうか?今頃ながら気にかかります。 視聴率のことに言及がありましたが、「ひよっこ」は後半はかなり安定してました。序盤はやや伸び悩みました。

    2
  • 匿名さん 通報

    先週のひどい一週間で視聴率平均19%とれるって、やはり半分青い。で新規視聴者を獲得して全体的に底上げしてるんだろうね。ひよっこ、わろてんかの頃はひどい時に18%とかしょっちゅうだったはず。

    1
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スカーレット

スカーレット

第101作目のNHK「連続テレビ小説」。焼き物の里・信楽を舞台に、戸田恵梨香演じる陶芸家・川原喜美子の波乱万丈な人生を描く。共演に松下洸平、北村一輝、富田靖子、中須翔真、西川貴教、大島優子ら。2019年9月30日~2020年3月27日放送。

2020年3月2日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。