review

松本潤・石原さとみ『失恋ショコラティエ』 唇と唇をハムハムするキス 第5話

       
←『失恋ショコラティエ』4話レビュー

松本潤・石原さとみ『失恋ショコラティエ』 唇と唇をハムハムするキス 第5話

新型コロナ感染拡大の影響で、各テレビ局では過去の番組の再放送や再編集版、傑作選などが多く放送されている。

フジテレビ系列で2014年1月〜3月にオンエアされた「失恋ショコラティエ」が再放送中だ。今作は、“リアル”で“切ない”片想いと、チョコっと“過激な妄想”ラブストーリー。エキレビ!で本放送時に掲載した、木俣冬氏によるレビューを再掲する(日付などは当時のまま掲載)。

「SMAP×SMAP」で飛び出したパワーワード


「失恋ショコラティエ」第5話終了後、出演者の石原さとみ、水川あさみ、水原希子がゲスト出演した「SMAP×SMAP」で「ハムハム」というワードが登場しました。唇と唇をハムハムするキスーー要するに貪るようなキス(きゃー)のことですが、「失恋ショコラティエ」第5回では、爽太(松本潤)とセフレのえれな(水原希子)のハムハムキスがありました。しかもこれ、「愛の表現」ではなく「愛の練習」だってとこが、「失恋ショコラティエ」における愛のミステリ〜。

爽太は人妻サエコ(石原さとみ)、えれなはミュージシャン倉科に片思い中で、ふたりは「こんな歪んだ愛の練習がいつか役に立つことが本当にあるのかな」と迷いながら、ハムハム(濃密)キスをするのでありました。う〜ん、愛のラビリンス〜。

爽太とえれなは、爽太の好きな場所(朝日が昇る海)にまで行き、車の中で寝過ごし、すっかり昇ってしまった朝日を見て、缶コーンスープを飲んじゃったりもします。

そんな彼らを、やたらと洞察力のあるフランス人ショコラティエのオリヴィエ(溝端淳平)は「両思い」だと指摘しますが、爽太は認めようとしません。

でも、冷静に考えてみましょう。えれなは、缶スープをポケットで保温して爽太に渡したり、すっかり昇った朝日でも「私、好きだよ、この景色」と言ったり。何かにつけて、相手に対しての思いやりを感じさせる言動をします。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「失恋ショコラティエ + 石原さとみ」のおすすめ記事

「失恋ショコラティエ + 石原さとみ」のおすすめ記事をもっと見る

「失恋ショコラティエ + ドラマ」のおすすめ記事

「失恋ショコラティエ + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「花咲舞が黙ってない」のニュース

次に読みたい関連記事「花咲舞が黙ってない」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月19日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 失恋ショコラティエ ドラマ
  2. 失恋ショコラティエ 石原さとみ

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。