review

堂本剛のソロプロジェクト ENDRECHERIが世界へ――剛が思う“FUNK”の概念とは

堂本剛のソロプロジェクト ENDRECHERIが世界へ――剛が思う“FUNK”の概念とは
イラスト/おうか

フレキシブルに音楽に取り組むスタンス

6月17日にニューアルバム『LOVE FADERS』をリリースしたENDRECHERI。そして5月、7月には過去作品のデジタル配信がスタート。堂本剛のソロプロジェクトが、世界169の国と地域に放たれた。

堂本のラジオ『Fashion & Music Book』(bayfm)では、彼が追及する音楽ジャンルのFUNKについて語ることも多く、リスナーからも楽曲についての質問や、彼に対する熱い想いを綴ったお便りが寄せられている。

堂本の活動を通してFUNKという音楽に初めて触れた人も多いことだろう。先日のラジオでも、FUNKや音楽についてよくわからないままライブに参加したが、自然と体がのって楽しかったが、こんな感じで楽しんでいてもいいのか、というお便りが寄せられた。

堂本剛のソロプロジェクト ENDRECHERIが世界へ――剛が思う“FUNK”の概念とは
LOVE FADERS/ジェイ・ストーム

→Amazonで購入する

堂本は「勉強する必要はない」とした上で、堂本が取り組んでいるFUNKというジャンル、自分たちの軸、姿勢について丁寧に語った。

「基本的に自分たちが楽しんでるっていうのが軸にあって」と前置きし、「一人ひとりのローカルなグルーブリズムみたいな、マインド、血の色みたいなのがあって。で、それが一色になるようでならない、をずっと繰り返しているような景色を見せるっていうんですかね。そういう感じで作ってるFUNK」と説明。

楽曲制作についても、「他ジャンルのものを取り入れないという概念はあまりない」という。「これはFUNKじゃない、っていうその定義を狭めてしまうと宇宙が作れないみたいな感じで、僕の場合は関係なくやってますね」。様々な要素をフレキシブルに取り入れるスタンスを語った。

堂本剛のアーティストとしてのコア

以前『ミュージックステーション』に出演した際に、手に鉱物を持って歌う姿が話題を呼んだ。『音楽と人』(2015年6月号)のインタビューの中に、その理由に通ずるであろうコメントがあった。クリスタルを通すと音が変わるという説を試したところ、驚くほど音が変わったという。視聴者にとっては突然だったが、これも彼なりに音を追求した結果だ。大衆的なわかりやすさはないかもしれないが、それでも自分が信じたものを取り入れる。その姿勢にアーティストとしてのコアを感じた。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月20日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。