綾野剛・星野源『MIU404』にどっぷりハマる7つの理由
イラスト/ゆいざえもん

なぜ『MIU404』にどっぷりハマるのか

綾野剛と星野源W主演『MIU404』(TBS系 毎週金よる10時〜)が9月4日(金)に最終回を迎える。

コロナ禍で回数が微減したというが、全11話は昨今の連ドラでは多いほう。それでもものすごくあっという間に駆け抜けた感があって、今日で終わりだなんて寂しすぎると思っている視聴者も少なくないだろう。

視聴率的には『半沢直樹』『私の家政夫ナギサさん』には敵わなかったとはいえ、『MIU404』には浮動票的な視聴者がいない気がする。つまりなんとなく流行っているから観るとか、なんとなくテレビをつけているだけというようなことがなく、作品にどっぷりハマって離れない視聴者がついている。とりわけSNS人気は格段に高く、それも物語をきちっと受け止め咀嚼し、想いを紡ぐものが多いのも特徴である。

なぜ『MIU404』にどっぷりハマるのか。

1. 門戸の広い警察もの

『MIU404』はMobile Investigative Unit(機動捜査隊)のバディ・志摩(星野)伊吹(綾野)を中心に、街で起こる事件を解決する警察ドラマで、手始めに観るには入りやすい入り口となっている。

2. 従来の警察ものと少し違う

志摩と伊吹の所属する機動捜査隊の任務は「初動捜査」や逃走している容疑者の「追跡調査」で、複数の警察署や都道府県の管轄地域にまたがる広域事件や重大事件の捜査に当たることもできる。

その特性から、主人公は事件の真相を追って犯人を逮捕することよりも、事件を未然に防ぐことに意義を感じている。そこが新鮮。

志摩と伊吹が乗っている覆面捜査車・まるごとメロンパン号も、従来の警察ものに出てくるシンプルな車とはまったく違って、遊園地みたいでインパクトがある。

3. 主人公のふたりが魅力的

野生の勘で動く天真爛漫に見える伊吹と、ちょっとクールで理屈っぽい志摩。最初はかみ合わないふたりだったが、徐々に信頼を深めていく。

志摩も伊吹もそれなりに過去につらい体験をしていて、それによって負の行動をとりそうなときもあるが、お互いがそのストッパーになる。ふたりが何度も何度も苦しい目にあいながら、そのつど手を差し伸べ合う場面にはじんとくる。

この記事の画像

「綾野剛・星野源『MIU404』にどっぷりハマる7つの理由」の画像1 「綾野剛・星野源『MIU404』にどっぷりハマる7つの理由」の画像2 「綾野剛・星野源『MIU404』にどっぷりハマる7つの理由」の画像3