「MIU404」伊吹と志摩の確かな絆  “裏”の世界と毅然と戦う第4機捜のメンバーに救いを見た9話
イラスト/ゆいざえもん

今までの警察ドラマと異なる「MIU404」に目からウロコ

MIU404(TBS系 毎週金よる10時〜)第9話「或る一人の死」(8月21日放送)は、まるごとメロンパン号がひどく落書きされている場面から始まった。伊吹(綾野剛)がそれを消しているがなかなか落ちない。恩師・ガマさんこと蒲郡(小日向文世)の犯行を止めることができなかった悔恨がなかなか消えない気持ちと重なって見える。

警察ドラマというと、起こってしまった犯罪の解決――犯人を特定し、動機や方法を解き明かすことが主だったが、「MIU404」はどうしたら犯罪を未然に防ぐことができるか、そこに心を砕いているところが目からウロコ。いつもどこかに希望の光が差し込んで、後味がいいのはそのせいだろう。8話のガマさんはただただ哀しかったけれど。

メロンパン号の掃除に志摩(星野源)が加わり、「止められるかな」「止められるよ」、「間に合う」「間に合う」……と言いながら消していく。ふたりならきっと消せる。心ない落書きも、罪の芽も。ガマさんのことで傷ついた伊吹の心も少しずつ癒えていったことだろう。

九重(岡田健史)もまた、追跡中に取り逃がしてしまった高校生・成川(鈴鹿央士)に対して責任を感じ、彼を再び追うことにする。奇しくも、成川が出入りしていた辰井組は羽野麦(黒川智花)が狙われている事件と関わりがあった。

成川は、麦が詐欺師で、賞金1000万円がかけられ捜索されていると聞き、ナウチューバー・特派員RECこと児島弓快(渡邊圭祐)に彼女の行方を探してもらう。

児島が得意のネットを使いヒトの善意を刺激すると、たちまち麦の居所は判明する。成川は麦にまんまと接近しておびき出し、エトリ(水橋研二)の手に渡すが、ふたりは「寒くて暗くて狭いところ」で処分されそうになって……。

全部表ならいいのに。表の世界だけ――麦の切なる願い

成川も麦も社会的に弱い立場にある者同士。成川は打ち込んでいた陸上部が廃部させられたことでグレて、「いたずら通報事件」(第3話)を起こした。捕まりそうになってそのまま逃亡、家出していたところを、久住(菅田将暉)に拾われた。そのまま暴力団絡みの仕事を任され、人生転落中(本人いわく「詰んでいる」)。

この記事の画像

「「MIU404」伊吹と志摩の確かな絆  “裏”の世界と毅然と戦う第4機捜のメンバーに救いを見た9話」の画像1 「「MIU404」伊吹と志摩の確かな絆  “裏”の世界と毅然と戦う第4機捜のメンバーに救いを見た9話」の画像2