review

『半沢直樹』9話 “こわっぱ”蓑部と大和田からの土下座強要にも屈しない半沢の信念

       
『半沢直樹』9話 “こわっぱ”蓑部と大和田からの土下座強要にも屈しない半沢の信念
イラスト/ゆいざえもん

いよいよ次回最終回『半沢直樹』9話

「銀行の正義を信じる全ての銀行員のために そしてこの国の正義を信じる全ての国民のために あなたの悪事はきっちりと暴かせていだたきます」

最終回目前の日曜劇場『半沢直樹』(毎週日曜 よる9時〜 TBS系)第9話(9月20日放送)は15分拡大。これまで行っていなかった過去回の配信もParaviで有料配信、TVer、TBS FREEでは1週間限定で無料配信を開始。さらなる盛り上がりを作ろうと鼻息が荒い。

帝国航空の債権放棄を拒否した半沢(堺雅人)はやり過ぎがたたって自宅謹慎中ながら、黒崎(片岡愛之助)の愛ある情報を聞いて、伊勢志摩ステートを探る。森山(賀来賢人)も一緒。

森山「こんなときくらい恩返しさせてください」
半沢「だめだ」

という会話のあと、ふたりは伊勢志摩にいるという流れ。

半沢は人脈豊富。東京中央銀行伊勢志摩支店の副店長・深尾(小松和重)は同期で情報がすぐわかる。伊勢志摩ステートの社長は蓑部幹事長(柄本明)の妻の甥だったり、タスクフォースの乃原(筒井道隆)もこの地域に関わっていたり。伊勢志摩ステートの決算報告書も見ることにも成功した。

こうして15年前、蓑部が旧Tから借りた20億円の用途がわかりそうになったところに、白井(江口のりこ)の秘書から蓑部の秘書になった笠松(児嶋一哉)がやってくる。部屋で何かやっていると敵がやってきて、危うく邪魔されそうになるところをギリギリ逃げおおせるという“いつもの”パターン(もう何度目)を経て、半沢は、どうやら20億円は伊勢志摩空港建設に使用されたことを突き止めた。

『半沢直樹』は“いつもの”が多い。名セリフ「倍返しだ」をはじめとして、いくつかのパターンの繰り返しが視聴者に安心を与えているとも言えるだろう。

いつものといえば、渡真利(及川光博)もそう。アレクサのような、お願いするとなんでもやってくれる優秀な彼は「見くびらないでもらえます?」と言いながら大活躍。ここでも渡真利と半沢の「倍返しだ」「100倍にして返す恩返しだ」というやりとりがある。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

半沢直樹

半沢直樹

平成の30年間に放送されたドラマで最終回42.4%の視聴率を弾き出し、堂々の1位に輝いた堺雅人主演ドラマが令和の時代に再び登場。TBSにて、2020年7月19日〜9月27日放送。

2020年9月21日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。