review

『半沢直樹』最終回 正義を貫き未来を託された半沢の微笑みに、この国の希望を夢見たい

       
『半沢直樹』最終回 正義を貫き未来を託された半沢の微笑みに、この国の希望を夢見たい
イラスト/ゆいざえもん

ラストカットの笑みに希望を夢見たい、『半沢直樹』最終回

「この国で懸命に生きるすべての人に心の底から詫びてください!」

半沢直樹(堺雅人)の不正に対する怒りが炸裂し、日曜劇場『半沢直樹』(毎週日曜 よる9時〜 TBS系)第10話(9月27日放送)最終回の視聴率は32.7%とぐぐっと上昇した。

【前話レビュー】『半沢直樹』9話 “こわっぱ”蓑部と大和田からの土下座強要にも屈しない半沢の信念

帝国航空の立て直しに端を発して、蓑部幹事長(柄本明)と東京中央銀行の不正が明るみに。自身の進退もこれまで最大の危機に晒しながらも、半沢は闘いを辞めず、真実に向かって突き進む。

そんな半沢には味方がいっぱい。次世代の若者・森山(賀来賢人)瀬名(尾上松也)は尊敬のまなざしで半沢を見つめる。

同期の渡真利(及川光博)はどんなときでも半沢の味方。「チャオ!」とかやってもうるさくなく、スマートでチャーミング。『半沢直樹』の登場人物が総じて暑苦しい中で、渡真利は唯一の救いであった。

さらに、以前は目の上のたんこぶだったがいつの間かすっかり半沢の味方になっている黒崎(片岡愛之助)。金融庁から国税庁に飛ばされても、「ダメ沢直樹」と言いながらも、協力を惜しまない。でも半沢は彼に股間を握らせることだけは力いっぱい拒否するのだった。

直樹を癒し、白井大臣の心を溶かした理想の妻・花

東京中央銀行伊勢志摩支店の同期のおかげで、幹事長の秘書・笠松(児嶋一哉)に接触、協力を求めたことで、白井大臣(江口のりこ)まで味方につけることに成功する半沢。蓑部の悪事を知らなかった白井は、それを知って蓑部への不信を募らせる。

巨悪の下で働きながら本当は善の心を持った者もいる。大きな力に囚われ、正しい情報、正しい判断ができずにいる者に半沢は働きかけ、自分の味方につけていく。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

半沢直樹

半沢直樹

平成の30年間に放送されたドラマで最終回42.4%の視聴率を弾き出し、堂々の1位に輝いた堺雅人主演ドラマが令和の時代に再び登場。TBSにて、2020年7月19日〜9月27日放送。

2020年9月28日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。