review

松岡茉優・三浦春馬『カネ恋』3話 女性を美化せず、慶太を善人に描く そして不意打ちのキス…良き

       
松岡茉優・三浦春馬『カネ恋』3話 女性を美化せず、慶太を善人に描く そして不意打ちのキス…良き
イラスト/ゆいざえもん

愛情の表現は押すばかりではない 『おカネの切れ目が恋のはじまり』3話

どうなるのか。こんなに予想がつかないドラマもない。毎回、意外な展開が起こる『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系 毎週火曜よる10時〜)。第3話も、これは予想してなかったーという流れだった。

【レビュー】誰にも代えがたい三浦春馬のショウ・マスト・ゴー・オンが止まってしまったことを惜しむ

憧れの早乙女健(三浦翔平)に今度食事でもと誘われた九鬼玲子(松岡茉優)。15年もの思いがついに報われるときが来たーーと思ったら、板垣(北村匠海)が、幼い男の子とママと呼ばれる女性と3人でいる早乙女を目撃する。こういう展開はないこともないけれど、早乙女と玲子と、女性と子供の落とし前がけっこうエグかった。それは後述する。

猿渡慶太(三浦春馬)は、第2話で婚約解消した元カノのまりあ(星蘭ひとみ)の結婚相手のふりをさせられて、意外と困惑していた。「結婚って、この人ひとりを大切する。そういう運命にゴロゴロピッカーンって稲妻みたいに打たれてするものでしょう」と、慶太はお金に関してはちゃらっとしているが、人間関係に対しては極めてピュアである。

玲子は初めて経験する好きな人との食事会に、街のショウウインドウで見た服と似たものを自分で作って用意。試しにそれを着て慶太と出かける。二人はアイスを食べながら歩いていくので、アイスが服について服を台無しにするのかと思ったら、そんなベタな展開はなかった。

慶太が玲子を連れていった海街マーケットには、第2話で慶太が「妹」と言ってたひかり(八木優希)がいた。なんと、彼女、第1話の冒頭で、玲子が一個だけ買ったお菓子屋の店員だった。気づかなかったー。八木優希、『ひよっこ』の優子だったー。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おカネの切れ目が恋のはじまり

おカネの切れ目が恋のはじまり

おカネを正しく使うことにこだわり、モノにも恋にも一途な“清貧女子”(松岡茉優)とおもちゃメーカーの御曹司でおカネにルーズな三浦春馬演じる“浪費男子”の“じれキュン”ラブコメディ。TBSにて、2020年9月15日〜10月6日放送。

2020年9月30日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。