review

三浦春馬さん遺作ドラマ『カネ恋』 最後に明らかになった玲子(松岡茉優)のヤバみ・意外な展開にびっくり

       
三浦春馬さん遺作ドラマ『カネ恋』 最後に明らかになった玲子(松岡茉優)のヤバみ・意外な展開にびっくり
イラスト/ゆいざえもん

なるほどーそうくるか!『おカネの切れ目が恋のはじまり』1話

『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系 毎週火曜よる10時〜)の第1話は想像していたものとちょっと違う意外性のあるドラマだった。

倹約家の主人公・九鬼玲子(松岡茉優)と浪費家の猿渡慶太(三浦春馬)。経理部に異動してきた猿渡を玲子が鍛える。正反対の二人のおカネと恋の物語――こんなふうに思っていたのだが……いや、おおむねこんなふうだったのだが……最後、びっくりさせられた。なるほどーそうくるか!

まずは1話の概要から。

主人公・九鬼玲子は極楽寺駅にある民宿・みずよう館という民宿が実家で、その離れにある庵が彼女の部屋。「方丈記」が愛読書で、「清貧」を愛している。会社では「世捨て人」と呼ばれている。

土曜日の朝、鎌倉に出て、130円のくるみクッキーを1枚だけ買い、そのひとつを丁寧に味わう玲子。

「ああ……良き」

こうして倹約生活を送ってきた玲子は、その日、「1年ごしの恋の相手とやっと結ばれる」という表現で、1680円の猿柄の豆皿を購入しようと心踊らせていた。

ところが、突如、店に現れたちゃらっとした猿渡が、バーベキュー用の皿として、ほかの皿と一緒にまとめて購入していってしまう。

にっくき猿渡慶太。彼はおもちゃ会社モンキーパスの社長・猿渡富彦(草刈正雄)の息子だった。おカネの使い方が荒すぎて、営業から経理に異動させられ、玲子が新人教育を任される。

富彦にカードを止められ、マンションも売却され、無一文で住む家のなくなった慶太は、玲子の家の民宿に転がり込む(ただし母親・菜々子<キムラ緑子>が大金をフォロー)。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「三浦春馬さん遺作ドラマ『カネ恋』 最後に明らかになった玲子(松岡茉優)のヤバみ・意外な展開にびっくり」の みんなの反応 3
  • ユカち 通報

    春馬君の笑顔を見てとても悲しくなった。

    1
  • 匿名さん 通報

    まだ見てないんじゃー。TVerで見れるか。

    0
  • 匿名さん 通報

    面白かった。最後のオチ、どんなできる女でも、恋愛するとバカになっていまうという

    0
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おカネの切れ目が恋のはじまり

おカネの切れ目が恋のはじまり

おカネを正しく使うことにこだわり、モノにも恋にも一途な“清貧女子”(松岡茉優)とおもちゃメーカーの御曹司でおカネにルーズな“浪費男子”の“じれキュン”ラブコメディ。TBSにて、2020年9月15日〜放送中。

2020年9月16日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。