松岡茉優・三浦春馬『カネ恋』玲子の15年にもわたる片思いがいよいよ動き出した 2話
イラスト/ゆいざえもん

悪気のない慶太(三浦春馬)は癒し『おカネの切れ目が恋のはじまり』2話

清貧を愛する主人公・九鬼玲子(松岡茉優)が意外や、片思いの相手にはいくらでも貢いでいたという衝撃の事実で初回が終わった『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系 毎週火曜よる10時〜)。

他人のほころびが気になるわりに、自分自身がほころんでいるという玲子の極端な精神状態が心配になったが、第2話は、彼女の15年にもわたる片思いがいよいよ動き出した。

相手は公認会計士でコメンテーターなどもやっている人気者・早乙女健(三浦翔平)。おりしも、彼の主催するイベントで、早乙女は投資を推奨する。

「投ずれば動き出します。投資も恋も」

早乙女のセリフどおり、お金と恋が重なっていく。

お金の使い方には「消費」「浪費」「投資」があるが、玲子の恋は、投資でもなく浪費? それとも、生活に必要な消費?

誰が見ても浪費家な猿渡慶太(三浦春馬)は、玲子からお金の使い方を習うが、他者から見て「浪費」も、彼にとっては「消費」「投資」「経費」。

慶太のポジティブパワーはすごい。何を言われても自分に都合よく解釈する。88000円のビンデージアロハ(猿柄)をいつか回収できる「投資」と捉えるとはポジティブ過ぎる。だが、それも言いえて妙であって、お金の価値は人の見方次第、使い方次第、世の中次第、なんとでも解釈できるのである。

ただ、彼は社長の息子で甘やかされて育ってきたから、慎ましく生きていくことを想像できないともいえる。父(草刈正雄)から家族カードを止められても、母(キムラ緑子)からお金の援助が途切れない。

この記事の画像

「松岡茉優・三浦春馬『カネ恋』玲子の15年にもわたる片思いがいよいよ動き出した 2話」の画像1 「松岡茉優・三浦春馬『カネ恋』玲子の15年にもわたる片思いがいよいよ動き出した 2話」の画像2