review

松岡茉優・三浦春馬『カネ恋』ひとりの俳優の思いがけない不在が役者陣の迫真の表情を引き出した最終話

松岡茉優・三浦春馬『カネ恋』ひとりの俳優の思いがけない不在が役者陣の迫真の表情を引き出した最終話
イラスト/ゆいざえもん

慶太の不在に見えたもの 『おカネの切れ目が恋のはじまり』最終話

小さなキスをした翌朝。慶太(三浦春馬)は眠れない夜を過ごしたらしく、早朝から出かけてしまう。『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系 毎週火曜よる10時〜)第4話――最終回は慶太が不在の間、玲子(松岡茉優)が、おカネと恋に振り回された自身の半生を振り返る。

【レビュー】誰にも代えがたい三浦春馬のショウ・マスト・ゴー・オンが止まってしまったことを惜しむ

キスの翌朝、テレビでは、早乙女(三浦翔平)は番組を降ろされ、新しいコメンテーターになっていた。朝の食卓には慶太はいなくて、彼が大事にしているサルー(ロボット)の猿彦さんが椅子に座っている。

ミューン プ〜ン ピュー プイ〜

何もかもいつもと違う朝。髪をばっさり切って出社した玲子は、これまでにない計算ミスをしでかし、経理部で注目の的に。

ざわつく中で定時を迎え玲子がさくさく帰宅すると、母親サチ(南果歩)がメッセージを残して留守にしていた。玲子の長年の早乙女への片恋に新展開が訪れていることに気づいたサチは、新たな可能性の慶太と玲子を二人きりにしようと気を利かせたのだろうけれど、慶太はその晩も戻ってこなかった。

サチも慶太もいない。話し相手は慶太の大切にしているサルーの猿彦さんだけ。昨夜のキスのことを猿彦さんに語りながら、「結婚って、この人ひとりを大切にする。そういう運命にゴロゴロピッカーンって稲妻みたいに打たれてするものでしょう」と言った慶太の言葉を思い出す。稲妻後のキスに意味づけしそうになり、慌てて母が作り置いたカレーをあたために台所へ――。

そこで、ぬか漬けの容器に入った、謎の田中三郎という人物から定期的に送られて貯まった現金書留の封筒を見つける。それが父・保男(石丸幹二)からのものであることは明白であった。

その晩、早乙女が傘を返すという理由で訪ねて来た。秘書の牛島(大友花恋)は「私辞めませんから」と執念深い。好きでない女性に逆恨みされて失脚させられた挙げ句、そばにいると居座られ重荷なのであろう。早乙女の顔は憔悴しきっている。その瞳は、ふいに立つ場所がなくなり、途方に暮れて、焦点が定まっていない。

慶太がいないと聞いて、猿彦さんに「ホント自由なヤツだよなあ」と語りかける。猿彦さんは、短い腕をぱたぱたと動かし、愛くるしい目で早乙女を見つめるだけ。

ミューン プ〜ン ピュー プイ〜

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おカネの切れ目が恋のはじまり

おカネの切れ目が恋のはじまり

おカネを正しく使うことにこだわり、モノにも恋にも一途な“清貧女子”(松岡茉優)とおもちゃメーカーの御曹司でおカネにルーズな三浦春馬演じる“浪費男子”の“じれキュン”ラブコメディ。TBSにて、2020年9月15日〜10月6日放送。

2020年10月7日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。