Netflixのマリファナ料理版『料理の鉄人』はキマった審査員が判定 どうかしてる

ガチでマリファナ使ってる『クッキング・ハイ:マリファナ料理対決』

ワイドショーを連日見ていると「芸能界は大変だな」と思うことが多い。傍目からは華やかな世界だが、タレント当人は苦悩を抱えていたりするのだろう。

Netflixが2018年より配信している『クッキング・ハイ:マリファナ料理対決』はスレスレだ。2人のシェフが30分以内にテーマ(ベイクドポテト、油ものフレンチ等)に沿った料理を作り、審査員が試食して勝敗を決めるという内容である。これだけなら『料理の鉄人』(フジテレビ系)や『どっちの料理ショー』(日本テレビ系)に似ている気がするが、似てない。食材に大麻が必ず使われている点が、この番組の肝なのだ。

つまり、試食した審査員はハイになる。そういう人間を見ることができるのも、この番組の見どころの一つだと思う。普通の生活を送っていると、そんな機会ってなかなかないもんな……。というか、この番組の噂を聞いたときはてっきりジョークだと思っていた。もしくは、大麻のテイでやっているとか。だが、さすがアメリカ、ガチでマリファナを使っていた。だから、タイトルが『クッキング・ハイ』なのだ。

Netflixのマリファナ料理版『料理の鉄人』はキマった審査員が判定 どうかしてる

勝利のコツはマリファナの味を消すこと?

まず始めに言っておきたいのは、料理に関しては手抜きなしという点。だから、登場するシェフはみんな実力派だ。アメリカで有名な料理番組の優勝経験者、アメリカングリルの達人、伝統フランス料理を修めた料理人など、本物の経歴を持つ手練たちが腕を振るってくれる。しかも、料理開始前にはこんな意気込みを語ったりする。

「ハッパらうの大好き」
「ハイで毎日料理している、一日中。自分にとっては栄養素と見てますから」

中には、大麻調理歴13年のシェフや食用大麻キッチン経営者、医療大麻の販売資格を持つ大麻料理の専門家も参戦している模様。その道のプロも登場するのは『クッキング・ハイ』ならではだ。

この記事の画像

「Netflixのマリファナ料理版『料理の鉄人』はキマった審査員が判定 どうかしてる」の画像1 「Netflixのマリファナ料理版『料理の鉄人』はキマった審査員が判定 どうかしてる」の画像2 「Netflixのマリファナ料理版『料理の鉄人』はキマった審査員が判定 どうかしてる」の画像3 「Netflixのマリファナ料理版『料理の鉄人』はキマった審査員が判定 どうかしてる」の画像4
「Netflixのマリファナ料理版『料理の鉄人』はキマった審査員が判定 どうかしてる」の画像5 「Netflixのマリファナ料理版『料理の鉄人』はキマった審査員が判定 どうかしてる」の画像6