SixTONES、ジャニーズJr.時代最後のライブが映像化 手を繋いだ6人が潤んだ瞳で見たものは?
(c)Sony Music Labels

SixTONES『TrackONE -IMPACT-』レビュー

「俺たちが、ジャニーズJr.ー!」ーーライブのラスト、横一列に並んだSixTONES。マイクを使わずに叫び、ぎゅっと繋いだ手を高らかに上げた。潤んだ瞳で見た景色に何を思ったのだろう。

【関連レビュー】SixTONES ジェシー、陽気なキャラと音楽に対する愛情が伝わる歌声で注目を集める24歳の素顔

SixTONESのライブDVD/Blu-ray『TrackONE -IMPACT-』が10月14日にリリースされた。2020年1月4日から横浜アリーナを皮切りにスタートしたライブツアー。ジャニーズJr.として、最後のライブを収めたメモリアルな映像作品だ。

●2020年1月7日 横浜アリーナ公演最終日を完全収録
ランダムに横浜アリーナを照らす無数の青い照明。「SixTONES! SixTONES!」と会場からは待ちきれないファンのコール。暗転すると、それは悲鳴に変わった。

メインステージにはツアータイトル『TrackONE -IMPACT-』の文字。「Rollin'」のイントロにジェシーの声が重なると、会場の熱気は一気に増した。「横浜、声出せるか?」

煽りに全力で応えるオーディエンス。「SixTONES Live Tour, Let’s go!」の声で幕が下り、スモークの先には地上15メートルの高さに回転式ケージ。その中にメンバーの姿があった。ジェシー、田中樹、京本大我、高地優吾、森本慎太郎と歌い継ぎ、最後に松村北斗が力を込めて叫んだ。「TrackONE IMPACT(トーンインパクト)、開幕ー!」。

曲間に「いくぞー!」という田中のかけ声で、6人が力を合わせてケージを回転させた。回数も速度もなかなかのもの。ツアータイトル“IMPACT”に違わぬ演出だ。6人の力で自転、ケージがゆっくりと降り、ステージへメンバーを放った。しばし佇み、行く手を見極めるかのような鋭い眼差し。まるで彼らの境遇を表現したかのよう。

続いて、「JAPONICA STYLE」。演出、衣装も相まって迫力が増し、よりラグジュアリーに。早くもステージが狭く感じた。曲間の「今日はたっくさん声出させてやるよ!」との松村の言葉に再び悲鳴があがった。開始わずか9分、2曲目でこの煽られよう。