review

『エール』焼け野原に響く光子の賛美歌 焦土の復活を歌で祈る発想は薬師丸ひろ子によるもの

       

『エール』第18週「戦場の歌」 90回〈10月16日(金) 放送 作・演出:吉田照幸〉

『エール』焼け野原に響く光子の賛美歌 焦土の復活を歌で祈る発想は薬師丸ひろ子によるもの
イラスト/おうか

「音楽が憎い」

「戦争を逃げずに描く」という意気込みで、裕一(窪田正孝)が慰問先・インパールで経験した悲劇を、戦場の場面を交えることで肉体的な衝撃の実感が伴うように描いた18週。SNSなどを見ると、視聴者の反応も大きい。戦争について初めて認識する人、改めて考える人、様々いたようだ。

【前話レビュー】藤堂先生の死に触発され国民を鼓舞する詞を書く鉄男 史実では、鉄男のモデルの弟が戦死していた

怒涛の展開で、一気に、昭和20年の終戦へ――。

勝つためにあんなに頑張っていたけれど、「日本は敗戦しました」(ナレーション)。なんだったんだ、あの悲惨な戦いは……という気持ちでいっぱいになる。音(二階堂ふみ)の音楽学校の生徒で、「若鷲の歌」を聞いて予科練を目指した弘哉くんも亡くなってしまった。これは悲し過ぎる……。

裕一のモデルの古関裕而の自伝『鐘よ鳴り響け』によると、古関はインパールに行ったあと、終戦近くになって召集令状が届く。それはそれで一大事だったようで、とにかくグワングワン状況に振り回されて終戦を迎える。

自伝の76ページに「(日華事変の)四年後、太平洋戦争が起こり、」とあり、終戦の記述は161ページ。300ページほどの本のうち、90ページほど太平洋戦争に関して書いてある。これをほぼ2週間(15分×10話)で描くのはなかなか大変なことだったろう。

『エール』では太平洋戦争期の様々な衝撃ならびに悲劇を、藤堂先生(森山直太朗)一点に集約し、彼の死を裕一のすべての喪失感として描きだした。

音楽に導いてくれた藤堂が戦場で亡くなり、裕一は茫然自失なまま、家の廊下に座り込んで「音楽が憎い」とまで言い出す。うなだれた裕一の場面はなんとも言えない虚無を感じさせた。いままでずっとやたら広い家だなと思えたのに、そのものすごく狭いところにしゃがんでいることにも裕一の絶望を感じさせる。音楽がーーと言ってしまっているけれど、音楽の力に翻弄された自分が許せないんじゃないだろうか。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「『エール』焼け野原に響く光子の賛美歌 焦土の復活を歌で祈る発想は薬師丸ひろ子によるもの」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    今週は朝ドラでは異例の展開でしたね。

    0
  • 匿名さん 通報

    番組内の時代的な背景もあるが、番組のテーマから音楽・曲作りが離れつつあるように思う。主人公はどのように曲作りに戻るのか?

    0
この記事にコメントする

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~6月26日(放送中断)、9月14日〜11月28日放送。

2020年10月16日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。