review

『エール』裕一に曲作りを持ちかける池田二郎のモデルは堂本光一の受賞でも知られる、あの日本演劇界の巨匠

       

『エール』第19週「鐘よ響け」 91回〈10月19日(月) 放送 作・演出:吉田照幸〉

『エール』裕一に曲作りを持ちかける池田二郎のモデルは堂本光一の受賞でも知られる、あの日本演劇界の巨匠
イラスト/おうか

「愛国の花」は南方でも歌われた

90回で戦争が終結し、日本は敗けた。多くの命が失われた。恩師・藤堂(森山直太朗)音(二階堂ふみ)の教え子・弘哉も亡くなった。

【前話レビュー】焼け野原に響く光子の賛美歌 焦土の復活を歌で祈る発想は薬師丸ひろ子によるもの

戦争中、無自覚に音楽で若者を戦場に送る手助けをしていた裕一(窪田正孝)は、自分のしたことを激しく後悔し、曲作りを止めてしまう。

終戦から3カ月、作家・池田二郎(北村有起哉)が古山家に訪ねて来て、自作に曲をつけてほしいと頼む。池田が好きだったという裕一の「愛国の花」とはどういう歌だったか。裕一のモデル古関裕而の自伝『鐘よ鳴り響け』によると、昭和13年の曲で、NHKが制作した国民歌謡の一作だった。

当時、退廃的で軟弱な歌が氾濫していたことに対して、もっと健全な歌をという要望に応えた企画で、「銃後を守る婦人たち対象の歌」として依頼されて作った。反響はあまりなかったものの、太平洋戦争が苛烈になった昭和18,19年頃には南方の住民に浸透していた。そういう曲を池田が好んでいたというのは興味深い。

池田二郎のモデル菊田一夫は日本演劇界の巨匠

91話の終わり、家の外で裕一の影口をたたいている人たちがいる。家は焼けずに残り、作詞家・西條八十は戦犯扱いになったにもかかわらず古山裕一は免れているというような話をしている。なぜ、モデルの古関裕而は戦犯にされることを免れたのだろう。この謎を誰か問いてくれまいか。

池田二郎のモデルは、ラジオドラマ「鐘の鳴る丘」、人気ドラマや映画になった「君の名は」(アニメの「君の名は。」とは無関係)、森光子のでんぐり返しでおなじみの舞台「放浪記」などを書いた昭和を代表する劇作家。演劇界には“菊田一夫賞”という権威ある賞もある。2019年は、堂本光一が演劇大賞、高橋一生などが演劇賞を受賞している。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~6月26日(放送中断)、9月14日〜放送中。

2020年10月19日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。