review

『エール』占い師になった“ミュージックティーチャー”こと御手洗清太郎が裕一に希望をもたらす

       

『エール』第19週「鐘よ響け」 92回〈10月20日(火) 放送 作・演出:吉田照幸〉

『エール』占い師になった“ミュージックティーチャー”こと御手洗清太郎が裕一に希望をもたらす
イラスト/おうか

主題歌「星影のエール」が流れた

ひさしぶりに、主題歌、GReeeeNの「星影のエール」が流れた。18週、88回からインパールで裕一(窪田正孝)が悲劇に見舞われてからずっと、週明けの90話まで主題歌が流れなかった。朝ドラではたまに主題歌がない回もあるが、これだけ流れないのは新記録だろう。それはまるで裕一の心から歌が消えたようにも思える。

【前話レビュー】裕一に曲作りを持ちかける池田二郎のモデルは堂本光一の受賞でも知られる、あの日本演劇界の巨匠

「星影のエール」には<いつか今日の日も意味をもって>とか<星の見えない日々を越えるたび>とか励みになる歌詞があるから、つらいときこそ流してほしい。久々に聞いたその歌詞が強烈に染みた。

「裕一さんは止まったまま」

戦後復興がはじまり、皆、それぞれの生活を立て直しはじめている。その中で裕一だけは、曲作りをしないで、時計を分解し続けている。

「裕一さんは止まったまま」と心配する音(二階堂ふみ)。裕一が時計を分解しているのは時を止めるメタファーだろう。

曲を書こうとしても、インパールの衝撃が脳裏をよぎり、「譜面が怖い」とつぶやく裕一。「私は待つ」と音。

音から去っていく裕一の後ろ姿を、ゆっくりスローモーションで撮影。92話は闇市の狩り込み場面の移動カメラなども躍動感があった。浮浪児の狩り込みといえば、『なつぞら』。ここが上野だったらなつたちもいるのでは……。

華、成長

1年半が経過して、裕一と音の娘の根本真陽から古川琴音に変わって、思春期に。裕一はその間、時計を10個も分解してしまった。これでは10個の世界線を潰したみたいに思えるではないか。いったいいくつ潰したら、作曲家の世界線に戻れるのか。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~6月26日(放送中断)、9月14日〜放送中。

2020年10月20日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。