review

『エール』永田(吉岡秀隆)が裕一(窪田正孝)に向けた「どん底まで落ちろ」の言葉の真意

       

『エール』第19週「鐘よ響け」 94回〈10月22日(木) 放送 作:嶋田うれ葉・吉田照幸、演出:吉田照幸〉

『エール』永田(吉岡秀隆)が裕一(窪田正孝)に向けた「どん底まで落ちろ」の言葉の真意
イラスト/おうか

裕一、「長崎の鐘」へ

連続ラジオドラマ『鐘の鳴る丘』の主題歌「とんがり帽子」を作って、復活した裕一(窪田正孝)。次は「長崎の鐘」だ。

【前話レビュー】「戦場に向かう若者に興奮していました」裕一の衝撃的な告白 一方、言葉が人も救った93話

池田(北村有起哉)が「長崎の鐘」という本を題材にした映画の主題歌を打診してきた。それは原爆のことが克明に書かれていた。

戦争の恐怖がぶり返すのではないかと心配する音(二階堂ふみ)に、裕一は、もう一歩前に進むためには必要なことだと自分に言い聞かせるように言って、 『長崎の鐘』の著者・医師である永田武(吉岡秀隆)に会いに行く。

裕一のモデル古関裕而の歴史をかなりはしょって19週に詰め込んでいる。重要な部分を1週間(5日間)という短い時間で描くのはいささか無理も感じるが、「鐘」というモチーフでまとめるという趣向がいい。なぜか古関裕而の楽曲には「鐘」のつくものが多く、ほかに「フランチェスカの鐘」「みおつくしの鐘」「サン・マルコの鐘」「時計台の鐘が鳴る」「スポーツの鐘が鳴る」「希望の鐘」「青春の鐘」などがあることがわかると、なお趣を感じさせる。(参考文献:古関裕而『鐘よ鳴り響け』)

長崎にて

18週で終戦を描いた時、原爆について触れてないこともいささか舌足らずさを感じたが、『長崎の鐘』で原爆に触れるため、省いたのであろう。与えられた話数で、登場人物の半生を描くうえでは、その選択も間違いではない。

裕一が訪れた長崎は、まだ原爆の跡が残っていた。瓦礫のなかに、本の題名になった長崎の鐘が誇らしげに飾ってある。それはみんなで掘り起こしたものだと、永田の妹ユリカ(中村ゆり)が説明する。

焼け跡のなかで元気にはしゃぐ子どもたちが「露営の歌」を歌うのを聞いて少し顔を曇らせる裕一。こういった、うしろめたい気持ちを払拭するきっかけを探しにこの地にやってきた裕一に、永田は「あなたご自身のため(贖罪)に作ってほしくない」と言う。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~6月26日(放送中断)、9月14日〜放送中。

2020年10月22日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。