review

『エール』裕一の絶望からの再生であり、日本の復興への祈りでもある「長崎の鐘」が鳴り響く

       

『エール』第19週「鐘よ響け」 95回〈10月23日(金) 放送 作:嶋田うれ葉・吉田照幸、演出:吉田照幸〉

『エール』裕一の絶望からの再生であり、日本の復興への祈りでもある「長崎の鐘」が鳴り響く
イラスト/おうか

古山裕一の名推理

“落ちろ…落ちろ…どん底まで落ちろ”

【前話レビュー】永田(吉岡秀隆)が裕一(窪田正孝)に向けた「どん底まで落ちろ」の言葉の真意

「その意味あなたにわかりますか」と「長崎の鐘」の著者・永田(吉岡秀隆)に問われた裕一(窪田正孝)は3日間こもって悩む。

見かねた永田の妹・ユリカ(中村ゆり)が裕一を、永田が戦時中、人々を治療していた場所へと連れていき、そのときの凄みを語る。

再び、部屋にこもって考える裕一。ふと、鐘の音に誘われて外に出る。「鐘はふたつあったんですよね」とユリカに聞く裕一。これが探偵のセリフのよう。

ユリカは鐘を掘り起こしたときの話をする。

「鐘の音が私たちに生きる勇気を与えてくれました」と言うユリカ。
生き残った子供たちが花を植えている姿。
口元にそっと手を当て思考を巡らす裕一。
「そうか、ようやく気づきました」

古山裕一が金田一耕助になった瞬間だったというのは冗談だけれど、永田の謎掛けから裕一の気づきに至る流れは、ミステリードラマの形式である。

「エールを送ってくれんですか」裕一は永田の元に向かい、永田の問いの答えは「希望」だと答える。
正解。

裕一はいつだって、誰かの応援のために曲を作ってきた。永田に「エールを送ってくれんですか」と言われ、これからも、応援していくしかない。それを悟った裕一は再生し、「長崎の鐘」を作り上げる。歌うのは、山藤(柿澤勇人)。唯一、歌手で南方の最前線まで慰問に行った人物に白羽の矢が当たった。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~6月26日(放送中断)、9月14日〜放送中。

2020年10月23日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。