review

『エール』裕一と音、智彦と吟 画面の向こうの配置に見るそれぞれの夫婦の関係性

       

『エール』第20週「栄冠は君に輝く」 96回〈10月26日(月) 放送 作:清水友佳子、吉田照幸、演出:倉崎憲〉

『エール』裕一と音、智彦と吟 画面の向こうの配置に見るそれぞれの夫婦の関係性
イラスト/おうか

新たな歌へ――

「長崎の鐘」で胸いっぱいになった週明けは、戦争から3年が経過。闇市に「東京ブキウギ」(笠置シズ子)がうっすらかかった。

【前話レビュー】裕一の絶望からの再生であり、日本の復興への祈りでもある「長崎の鐘」が鳴り響く

この時代、古山裕一のモデル古関裕而の曲だけでなく、たくさんの音楽が沈みがちな人々の心を上げてくれた。戦時歌謡から戦後歌謡へ――。

1946年「リンゴの唄」(並木路子、霧島昇/作詞は「長崎の鐘」のサトウハチロー)、1947年「星の流れに」(菊地章子)、1948年「憧れのハワイ航路」(岡晴夫)……等々。美空ひばりは「リンゴの唄」をNHKの「のど自慢」で歌って注目される。

第20週は、またひとつ、新たな裕一(窪田正孝)のヒット曲が誕生する扉が開く。そして、音(二階堂ふみ)もついに愛する歌の世界に復帰のチャンスがやってくる。そんな希望いっぱいの週明け。サブタイトルはずばり、名曲「栄冠は君に輝く」。

智彦の悩み

戦時中、暗い顔をして忍耐一筋だった吟(松井玲奈)にも変化の兆しが……。

敗戦で軍人の価値がなくなった夫・智彦(奥野瑛太)はラーメン修業してラーメン屋になったものの、友人・松川(木原勝利)に誘われて貿易会社に入社。だがその友人に「同期がラーメン屋なんて恥ずかしい」と言われてふと自分の人生を考えてしまう。

なにかを求めるように闇市へ。ラーメン修業で出会った戦災孤児のケン(浅川大治)に会いに行くとぐったりしていた。どんなに元気に振る舞っていても食べ物も少ないし家もないし、病気になるのも無理はない。

ケンを病院につれていき、呼び出した吟に「友達だ」と紹介する。病院ではかすかに、ラジオから復員兵情報が流れている。「東京ブキウギ」といいラジオ放送といい、あくまでうっすらなのが上品でよい。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~6月26日(放送中断)、9月14日〜放送中。

2020年10月26日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。