review

『エール』「戦場に向かう若者に興奮していました」裕一の衝撃的な告白 一方、言葉が人も救った93話

       

『エール』第19週「鐘よ響け」 93回〈10月21日(水) 放送 作・演出:吉田照幸〉

『エール』「戦場に向かう若者に興奮していました」裕一の衝撃的な告白 一方、言葉が人も救った93話
イラスト/おうか

裕一、復活

『おはようニッポン』の高瀬アナが『エール』でバンブー夫妻(野間口徹、仲里依紗)がやっていたポーズに合わせて「おはようニッポン!」と嬉しそうに言っていた。このポーズ、漫画『こまわりくん』の「死刑!」に似ている気がするのだが、パロディなんだろうか。

【前話レビュー】占い師になった“ミュージックティーチャー”こと御手洗清太郎が裕一に希望をもたらす

高瀬アナたちも笑顔で、ここのところ暗雲たれこめていた『エール』にも明るさが戻って来た。
ついに裕一が立ち上がり、名曲「とんがり帽子」(『鐘の鳴る丘』主題歌)を作りあげる。

放送後の『あさイチ』では、お腹から声を出して歌うとセロトニンが出て心が安定するということを紹介していて、すかさず華丸が、『エール』の「とんがり帽子」でセロトニンが出たと言っていた。

『おはようニッポン』『エール』『あさイチ』と良い連携がとれていた。

「戦場に向かう若者に興奮していました」

終戦後、すっかり塞いで、曲を書かなくなった裕一(窪田正孝)のもとに、劇作家・池田二郎(北村有起哉)が曲の依頼にやって来る。裕一が断っても諦めずに再訪してくる池田。

「戦争の責任をすべて背負うおつもりか」「仕方のないことだってある」と励ます池田への裕一の回答は衝撃的だった。

「自分の歌に勇気づけられて戦場に向かう若者に興奮していました」

古山裕一は、古関裕而そのものではなく、あくまでモデルにした創作の人物だ。脚本を書いた吉田照幸は戦争に関する裕一の心情を古関の資料を読み込んで想像して書いたと語っている。吉田を取材したとき、「これが古関裕而さんの真実かどうかはわからないですが、僕はそう思った。ですからこうやらなきゃいけないと思いました」と言っていた。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「漫画」に関する記事

「漫画」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「漫画」の記事

次に読みたい「漫画」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~6月26日(放送中断)、9月14日〜11月28日放送。

2020年10月21日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。