BLACKPINK「ジェニー」の魅力を分析 存在そのものがブランド、多彩な才能でソロデビューも

BLACKPINK キャラクター分析<ジェニー>

韓国のガールズグループのさまざまな記録を塗り替えてきたBLACKPINK。「DDU-DU DDU-DU」のミュージックビデオが13億回以上再生されるなど、特にYouTubeに強い。BLACKPINKの公式YouTubeチャンネル登録者数は過去4カ月間で1000万人近く増え、現在5140万人越。ジャスティン・ビーバーに続き、全世界のアーティストで2位、ガールズグループでは1位だ。音楽配信最大手のSpotifyのフォロワー数が最も多いガールズグループもBLACKPINKということは、世界で最も注目されているガールズグループといえるだろう。

BLACKPINKは、ジス、ジェニー、ロゼ、リサによる4人組。BIGBANGを擁するYG ENTERTAINMENTが2NE1以来7年ぶりにデビューさせたガールズグループで、2016年8月にシングル「SQUARE ONE」でデビューすると、デビュー14日にして早くも音楽番組で1位を獲得。これは、ガールズグループ史上最速記録を達成。

2019年から本格的に世界進出を始め、10月2日にリリースされた1stアルバム『THE ALBUM』は、「Billboard 200」で初登場2位という韓国のガールズグループ最高位の成績を収めた。

グローバルなバックボーンを持つメンバーたちを紐解く連載2回目は、ボーカルとラッパーを務めるジェニーを紹介する。

プロデューサーは「完璧主義者」と絶賛

ジェニー(JENNIE)は旅行で訪れたニュージーランドで「ここで暮らしてみたくない?」と母親に聞かれたのをきっかけに、10歳から15歳までの5年間、ニュージーランドへ留学しており、英語が堪能。両親と離れてホームステイをしていた海外生活で、「自分で選択する大切さを知った」という。

アメリカ留学の準備をしていた15歳のときに、「歌手になりたい!」と思いたち、YGオーディションを受け、練習生となって韓国に帰国した。ラップを担当することになったのは、当時はまだ、英語を話せる練習生がジェニーだけだったからだそう。

本人曰く、「自分のことを語るのは苦手。すごくシャイ。電話で注文するのもダメ」というが、仲良しのピラティスインストラクターは、「仲良くなるのに少し時間がかかるけれど、誠実で優しい子」とその性格を話している。また、タイ出身のリサが韓国に来たばかりのころ、初めての土地で不安なリサのために、英語でいろいろなことを教えてあげていたというエピソードもある。

この記事の画像

「BLACKPINK「ジェニー」の魅力を分析 存在そのものがブランド、多彩な才能でソロデビューも」の画像1 「BLACKPINK「ジェニー」の魅力を分析 存在そのものがブランド、多彩な才能でソロデビューも」の画像2