review

『24 JAPAN』物語を加速させる郷中と三上の死 朝倉麗(仲間由紀恵)を脅かす家族の過去も明らかに

       
『24』は元祖もJAPANも、命が軽さと重さを行ったり来たりする。暗殺計画を立てられている朝倉麗の命は重い。だから、CTUもSPも真剣に計画を防ごうとする。その一方で、前述した人たちの命はあっけなく潰える。あまりにふいに。

皆川は誰にも気づかれずスナイパーになりすまされ、美有は寿々にしがみつくが、誘拐犯に追いつかれ、寿々から無理やり引き離される。七々美も最愛の恋人・亜矢子を殺されて涙するも、自分も狙われるのを察してテロの協力を続けるしかない。

時間は不可逆。立ち止まって死を嘆いている余裕はなく、前へ前へと行動していく人たち。この無常の荒野のような世界は、元祖もJAPANも同じ。だが、元祖と違和感がまだ拭えないのは日本が舞台になると、できるだけ日本風味を出さないようにしている努力は感じつつも、やっぱり時折見える日本情緒。

第3話でわざとじゃないかと思ったのが、道路の途中にお寺の山門のようなものが見える画。極めつけは、七々美と亜矢子が神林(高橋和也)を連れて向かった、皆川のプレスIDの隠し場所がーー祠(ほこら)だった。元祖だと、鉄塔の下で雰囲気があるのだが、祠って……。日本にも鉄塔はいくらでもあるだろう。

『24 JAPAN』を逆輸入したら、ジャパニーズホラー的なものが喜ばれること請け合い。こうなったら、富士山、芸者、忍者などを出すべき。

『24 JAPAN』物語を加速させる郷中と三上の死 朝倉麗(仲間由紀恵)を脅かす家族の過去も明らかに
次回4話は10月30日放送。画像は番組サイトより

事件の重要さに反し、恋愛問題に心揺らす登場人物たち

湿っぽいのは、山門や祠だけではない。獅堂と水石のやりとりもなんだかねちっこい。第1支部A班暗号解読係・明智(朝倉あき)に、水石と付き合っていたから獅堂の情報が漏れていたのではと聞かれたとき、獅堂が、情報は漏らしていないと言いながら「信じていた」と無念そうにする。信じていたから、つい大事な話もしてしまっていたかもしれないという空気がそこにじわじわと漂う。

その後、水石が内通者ではないと、獅堂に潔白を主張するときも、なんだか痴話喧嘩ふう。この一連の場面も、元祖にもあるのだが、元祖の会話のほうが乾いて聞こえる。英語と日本語の言語、および文化の違いは、鉄塔と祠のように差異が大きく、なかなか埋められない。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

24 JAPAN

24 JAPAN

凶悪なテロ事件と戦う姿を描いた米国ドラマ『24』(2001年)を、テレビ朝日が20世紀FOX社と組んでリメイク。唐沢寿明を主演に迎え、“日本初の女性総理”が誕生するまでの24時間を克明に描く。テレビ朝日系にて、2020年10月9日〜放送中。

2020年10月25日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。