review

『エール』久志を苦しめる「戦犯」と呼ばれたトラウマ 「戦時歌謡」とはなにか

       

『エール』第20週「栄冠は君に輝く」 99回〈10月29日(木) 放送 作:清水友佳子、演出:倉崎憲〉

『エール』久志を苦しめる「戦犯」と呼ばれたトラウマ 「戦時歌謡」とはなにか
イラスト/おうか

久志はまだ「栄冠は君に輝く」を歌わない

久志(山崎育三郎)はなかなか「栄冠は君に輝く」を歌わない。史実ではモデルの伊藤久男が歌っているので当然、歌うと思いきや、98話で歌ったのは、「夜更けの街」。

【前話レビュー】終わってもなお人々の人生に暗い影を落とす戦争 裕一の音楽は久志を救うことができるのか

裕一のモデルの古関裕而の自伝『鐘よ鳴り響け』に「彼(伊藤)は戦時中、身体をいためて郷里の福島、本宮に引きこもっていたが、この年(昭和22年)に上京、戦後初めての吹き込みではなかったかと思う」とある。『エール』では、父の一周忌で福島に戻っていた久志を裕一(窪田正孝)が東京に連れ戻し、なんとか立ち直らせようと、力を尽くす。

池田(北村有起哉)に相談し、久志の説得を頼む。このときの池田の振る舞いは、彼の人間的魅力にあふれていた。久志が溺れている博打で勝負して、勝つことで、強さを示す→敗けた久志のおごりにして栄養価の高いラーメンを食べさせる(by 智彦)。→その代金を払うために、歌を歌わざるを得なくする→いまのやさぐれた久志に当てて詞を書く→その文学的な詞に打たれた裕一が名曲を書く……という寸法。

なぜ、池田に説得を頼んだか

親友の裕一や鉄男(中村蒼)が久志に向き合えばいいと思うものだが、ふたりともすでに久志の説得に失敗している。何度説得しても久志はやさぐれるだけ。そういうときは第三者に任せるのが良い。

池田は見事に、裕一がいかに久志を大事にしているか伝える。当人がじかに言うより他者から聞くほうが効果的であるとはよく言われることだ。

「人は裏切るし 信用すれば痛い目を見る。そう思って生きてきた」と言う池田が、裕一は「1点の曇りもなく、心の底からあんたを生涯の友と言い切って、なんとしても助けたいってさ」と伝える。97話で、久志は、父の生前寄ってきた人々が落ちぶれて亡くなったら見向きもしなくなるとぼやいていた。人間不信に陥っている久志の心を、池田の言葉がすこし動かす。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~6月26日(放送中断)、9月14日〜放送中。

2020年10月29日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。