review

『エール』終わってもなお人々の人生に暗い影を落とす戦争 裕一の音楽は久志を救うことができるのか

       

『エール』第20週「栄冠は君に輝く」 98回〈10月28日(水) 放送 作:清水友佳子、演出:倉崎憲〉

『エール』終わってもなお人々の人生に暗い影を落とす戦争 裕一の音楽は久志を救うことができるのか
イラスト/おうか

「波に乗るのがうまいよね」

落ち着いて深みのある、それでいて明るさも残すナレーションを担当している津田健次郎がドラマにも出演することで注目の20週。津田の役は、身を落とした久志(山崎育三郎)の博打仲間である犬井。博打でハメを外したかと思えば、久志の飲みすぎを心配したりもする。

【前話レビュー】史実をドラマ化する妙味 「紺碧の空」と「栄冠は君に輝く」のいいとこどり

「どん底まで落ちろ」

19週で裕一(窪田正孝)にそう言ったのは「長崎の鐘」の永田先生(吉岡秀隆)。どん底まで落ちていたのは、久志だった。

地元の議員の息子だった久志だが、戦後のGHQの政策のひとつである農地改革で土地を失い、家も失い、父も亡くなり、文無しに。博打と酒に溺れ、藤丸(井上希美)の世話になっていた。

色男がやさぐれて女性の世話になる。絵に描いたようなシチュエーションを山崎育三郎が鮮やかに演じている。山崎は明るいプリンスというキャラも似合っているが、ほの暗いキャラもハマる。とても飛距離のある役を演じられる俳優である。

「しかし彼もなかなかやるよな。戦争中は戦時歌謡、戦争が終われば平和の歌。時代の波に乗るのがうまいよ」

裕一の生き方を皮肉る久志に、鉄男(中村蒼)は血相を変える。ここで、鉄男は幼少期のまま、真っ直ぐ熱い、いささかマッチョな役割で、久志をどやしつける。

「自分だけが不幸だと思ったら大間違いだぞ。誰もが大変だったんだよ。みんなそれを必死で乗り越えようとしているんだよ」

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~6月26日(放送中断)、9月14日〜11月28日放送。

2020年10月28日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。