review

『エール』未来をつくろう――久志(山崎育三郎)の歌う「栄冠は君に輝く」がすべての人達をひとつに

       

『エール』第20週「栄冠は君に輝く」 100回〈10月30日(金) 放送 作:清水友佳子、演出:倉崎憲〉

『エール』未来をつくろう――久志(山崎育三郎)の歌う「栄冠は君に輝く」がすべての人達をひとつに
イラスト/おうか

甲子園の想いに泣いた

「自分にできることは未来ある若者を応援することだ」

【前話レビュー】久志を苦しめる「戦犯」と呼ばれたトラウマ 「戦時歌謡」とはなにか

戦争が終わって「栄冠は君に輝く」が甲子園で歌われたのは、昭和23年、1948年。ちょうど戦後復興のさなか。くしくもこのドラマが放送された2020年、コロナ禍によって、毎年行われていた甲子園の高校野球大会が中止になった。その前に中止になったのは、太平洋戦争が激化した1941年だった。

試合は一期一会。今年出られなかったら卒業になってしまう選手もいる。涙をのんだ人たちがたくさんいた。そんな人たちの代わりのように「栄冠は君に輝く」が流れ、野球の試合の場面が描かれた。

時代は戦後だが、現代にも見え、ありえたかもしれない希望の世界が、見る者に力をくれた朝だった。

朝ドラ名物「立ち聞き」出た

朝一新聞の大倉(片桐仁)に、「栄冠は君に輝く」の歌手として、戦時歌謡のイメージのある久志(山崎育三郎)はふさわしくないのではないかと渋られたにもかかわらず、裕一(窪田正孝)は久志に歌ってほしいと頼みに行く。

だが久志は首を縦にふらない。ここまで頑なな心は、裕一だけでは動かせない。「夜更けの街」を作った池田(北村有起哉)に次ぐ、他者の力が必要になる。寓話の「大きなカブ」みたいなものである。「大きなカブ」とは、文字通り大きなカブを抜こうとして一人では抜けず、次々手助けする人が現れて、みんなで力を合わせて引っこ抜くお話。

つぎは妻・音(二階堂ふみ)の登場だ。久志が古山家に譜面を返しに来ると、裕一は留守で、音が相手をする。ここで朝ドラ名物「立ち聞き」。音は、お茶を出したあと、大倉と裕一の話を聞いていた。

裕一は、久志のことを思って、戦時歌謡の歌手だから渋られたことは話していない。「君を推薦した」とだけ言った。一方、音はいっさいがっさい話してしまう。「同情しないでほしい」と言っている久志に逆効果ではないかと思いきや、これが功を奏す。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~6月26日(放送中断)、9月14日〜11月28日放送。

2020年10月30日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。