review

『エール』静かな時代の転調を登場人物の男女の関係性で見せた意欲的な週のはじまり

       

『エール』第21週「夢のつづきに」 101回〈11月2日(月) 放送 作:清水友佳子、演出:橋爪紳一朗、小林直穀〉

『エール』静かな時代の転調を登場人物の男女の関係性で見せた意欲的な週のはじまり
イラスト/おうか

「季節の変わり目は風邪ひきやすい」

久志(山崎育三郎)の歌う「栄冠は君に輝く」で『エール』戦争編が美しくまとまって、いよいよあと一ヶ月。裕一(窪田正孝)、久志の問題が解決したから、20週は、音(二階堂ふみ)のターン。戦争がはじまる前からずっと抱えている彼女の課題。声楽家になる夢を叶えるチャンスがやって来た。帝都劇場で上演されるオペラ『ラ・ボエーム』のミミ役のオーディションを受けることに。

【前話レビュー】未来をつくろう――久志(山崎育三郎)の歌う「栄冠は君に輝く」がすべての人達をひとつに

冒頭、音がやっている発声練習・犬が舌を出して呼吸する仕草のマネは、先週、『あさイチ』で山崎育三郎が近江アナと華丸大吉に教えていたものと同じ。『あさイチ』も観た視聴者としては嬉しかった。

『エール』と『あさイチ』は制作しているスタッフが違うから、これは番組を越えた遊び心だが、最近の『エール』は前フリをしっかりしている。今回の、音のターンへの移行も、100回で音は、久志の歌の才能を裕一が信頼していることを「羨ましかった」と言っている。

そして、101回では、喫茶バンブーで語り合いながら、裕一の歌で音が歌うことが夫婦の夢だったのにと、裕一が「悔しいなあ〜」と冗談めかす。ちゃんとふたりの夢を覚えているところが素敵だし、音も裕一も、「羨ましい」とか「悔しい」とかお互いのことを意識して軽く嫉妬しているところも微笑ましい。

さらに前フリは続く。

オーディションの二次審査を控えた音に、保(野間口徹)が「季節の変わり目は風邪ひきやすいから」とはちみつ生姜湯を出す。その後、裕一がくしゃみをして、風邪を引いて熱を出してしまうという流れに。脚本づくりの基本に倣った丁寧さを感じる。

久志、藤丸、婚約喫茶バンブーに藤丸(井上希美)と久志がやって来る。藤丸が先で久志があと。この時代はまだ、女性が三歩下がって男性に付き従うというほうが一般的だろうが、久志なら西洋の文化を取り入れてレディーファーストでおかしくない。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~6月26日(放送中断)、9月14日〜11月28日放送。

2020年11月2日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。