review

『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』登場人物全員のなかにあるピュアな部分を担う岡田健史

『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』登場人物全員のなかにあるピュアな部分を担う岡田健史
イラスト/おうか

※本文にはネタバレがあります

岡田健史のピュアな魅力に注目『ウチカレ』第4話

『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(以下ウチカレ)(日本テレビ系 毎週水曜よる10時〜)第4話は、水無瀬碧(菅野美穂)の小説『わたしを忘れないでくれ』が映画化。人気バンド「サイレントナイフ」のボーカル、ユウト(赤楚衛二)が主演することになり、碧のテンションは上がる。

【前回レビュー】『ウチカレ』登場人物、全員メンタル危険!? 一人ずつ検証

ユウトは朝ドラ『すくすく家族』に出演中。朝ドラと聞いて「かんかんでり?」と返す碧。それは前作。今は『すくすく家族』って。「かんかんでり」からは『なつぞら』が、『すくすく家族』からは「てるてる家族」が浮かぶが、なぜ、大森寿美男脚本作ばかり?

ユウトは、原作の男女を入れ替えて、ユウトの役が死ぬほうがいいと横暴なことを言うので、碧は気分を害す。だが、条件をのまないと次の仕事がもらえない。なまじ一回売れているから下りることができない、オワコンのジレンマに碧は苦しむ。

いや、彼女は自作を愛しているだけ。考え抜いて書いた小説の、男女の役割を入れ替えることは簡単にできるわけはない。でも、「次の場所が欲しい」。「私の代表作は次の作品なのよ」という、他者から見たらオワコンかもしれないけれど、当人はまだ終わらない。遮二無二生きようとする強い精神力。

そんな彼女には味方がいる。唐突に、担当編集・漱石(川上洋平)が漫画雑誌で盗作していたと過去をほじくりだしてきて、おちこぼれ同士だねと言う碧に、漱石はひるむことなく、「時の流れや世の中のから騒ぎに流されない本物です」と碧に寄り添うのだ。元担当・松山さん(ふせえり)によれば、盗作は漫画家当人の罪をかぶっただけだった。漱石の株、爆上がり。

ゴンちゃん(沢村一樹)といい、漱石といい、碧は恵まれている。ゴンちゃんは見合い結婚する予定だったが破談になっていた。鯛焼き屋・おだやに通って彼の働く姿に惚れたというのは資産価値をチェックしていたという世知辛いエピソード。

碧と結ばれる運命なのだとほくそ笑む俊一郎(中村雅俊)に、「あんなおてんば娘」と死語で反論するゴンちゃん。どうなる、碧とゴンちゃん。そして、漱石。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

ウチの娘は、彼氏が出来ない!!

ウチの娘は、彼氏が出来ない!!

「恋愛小説の女王」と呼ばれた少女のような天然母としっかり者で筋金入りのオタク娘、トモダチ母娘のエキサイティングラブストーリー。母・水無瀬碧を菅野美穂、娘の空を浜辺美波が演じる。日本テレビ系にて、2021年1月13日〜3月17日放送。

2021年2月5日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。