review

『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』登場人物、全員メンタル危険!? 一人ずつ検証

『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』登場人物、全員メンタル危険!? 一人ずつ検証
イラスト/おうか

※本文にはネタバレがあります

登場人物のメンタル危うい!? 『ウチカレ』3話

『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(以下ウチカレ)(日本テレビ系 毎週水曜よる10時〜)は、いきなり「鼻毛」。水無瀬空(浜辺美波)は憧れの渉先生(東啓介)との初デートに浮かれたものの、鼻毛が出ていることに気づいてショックを受ける。

【前回レビュー】『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』2話 岡田健史大盤振る舞いの2話は人の“弱さ”描く

イケメンと鼻毛。すごいところを突いてきた。しかもそれが意外な展開に発展するからびっくり。イケメンと美人女優をたくさん投入しているドラマに、この展開を用意することは凡人では絶対にムリだ。

3話まで観て思うのは、『ウチカレ』の登場人物はほぼほぼ言動がヘンだということ。いわゆる、メンタルがすこし危うい。それぞれのキャラをちょっと振り返ってみよう。

空の母で作家の水無瀬碧(菅野美穂)はバブル世代でいまなお浪費と自己愛が止まらない。小説を当てて買ったタワマンを娘・空のために手放したくなく、売れなくなっても必死で小説を書き、「あんた(空)がいたから頑張れた」と言うけれど、空も自己愛の投影のように見える。懸命に自分を守ろうと、仕事にも恋にもがむしゃらな碧は傍から見ると痛い。

娘の空はぶっきらぼうで、オタクだが、碧と比べたら普通な感じ。周囲が見えているし、わきまえもある。彼女がもしも病んでいるとすれば、自由奔放で激しい母に手を焼きながらも離れられない、共依存のようになっているところだろう。

空が「弱虫」なところに共感した入野光(岡田健史)は、オタク趣味をひた隠して、モテキャラを謳歌している。イケメンを生かしてたくさんの女性と遊んでいるけれど、漫画を描きたいけど下手なことや、好きな年上の女性・未羽(吉谷彩子)とは遊びの関係にしかなれないことに満たされない。

未羽は複数の男性と付き合って、「トライアル期間」などと言い、品定めしている。嘘をつく時は「本当のことを半分混ぜる」と言う小悪魔キャラながら、都会に出てきてすり減って疲れてしまって、早く結婚したくてたまらない。

碧の担当編集・漱石(川上洋平)は「神保町にはブスしかいない。銀座じゃないから」と炎上狙いのようなセリフを吐く。この人はどうやらいいムードになるとすぐ女性といい感じになってしまうらしい。だからなのか、その彼女・伊藤沙織(福原遥)は漱石をGPSでストーカーしている。自身をメンヘラと言い、俊一郎(中村雅俊)にまで抱きついたりする。

渉の鼻毛は「つけ鼻毛」で、なぜ、そんなものを付けるのかは3話ではまだ明かされなかった。彼の場合は病みというほどではないかもしれないけれど……。

沙織と未羽は本音になると方言になる。標準語のときは仮面をかぶっている。地方出身者も東京生まれも誰も彼もが都会に生きてメンタルがやられている人達のカタログのようである。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

ウチの娘は、彼氏が出来ない!!

ウチの娘は、彼氏が出来ない!!

「恋愛小説の女王」と呼ばれた少女のような天然母としっかり者で筋金入りのオタク娘、トモダチ母娘のエキサイティングラブストーリー。母・水無瀬碧を菅野美穂、娘の空を浜辺美波が演じる。日本テレビ系にて、2021年1月13日〜3月17日放送。

2021年1月28日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。