review

『ウチカレ』6話 岡田健史の一途な役が迫真 空と光の寂しさを共有する関係に胸しめつけられる

       
『ウチカレ』6話 岡田健史の一途な役が迫真 空と光の寂しさを共有する関係に胸しめつけられる
イラスト/おうか

※本文にはネタバレがあります

次々と名場面が『ウチカレ』第6話

『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(以下ウチカレ)(日本テレビ系 毎週水曜よる10時〜)第6話は、前回、風邪をひいたうえにサリーこと沙織(福原遥)に去られた漱石(川上洋平)が朦朧として交通事故にあうところからはじまる。病院に血相を変えて駆けつけた水無瀬碧(菅野美穂)の髪に触れる漱石。

【前回レビュー】ラブストーリーの覇者・北川悦吏子描く恋の2番手の法則に見る恋愛の機微

「コウヤボウキの綿毛かな。もうそんな季節だ」

ドラマのクライマックスに主要人物が事故にあうのは90年代のドラマのパターンであり、まだ折返し地点ながらそんなふうにベタな展開にもかかわらず、このセリフのなんたる文学性。文学性すらベタな狙いなのかと思えてきて混乱してしまったが、6話は娘の空(浜辺美波)光(岡田健史)が良すぎて、もうそれに尽きる。

碧と漱石も、空と光も、どちらも根はピュアで、それを笑いや強気でぼかしていることには変わらないが、碧と漱石は語り合えば合うほど空騒ぎ感が強く変なふうに捻れていき、空と光は、語り合えば合うほど余計なものがほどけてきれいなところだけ残っていく。

碧は、グレー、ピンク、水色と、ファジーな幸せに酔い、サリーといい感じの年の差恋愛(?)中の俊一郎(中村雅俊)は「曖昧な時っていうのがね、いちばん楽しいんだよ、恋は」と浮かれる。

ファジー、曖昧、グレー、中間色……言い方はいろいろあるけれど、同じように白黒つけない状態であるはずの、碧と漱石、サリーと俊一郎、空と光のきらめきの尊さの差はなんだろう。前者は混ぜると濁り、後者は透明になっていく。年齢なのだろうか。

そう、年齢と経験が増えていくと、余計なものがくっついてくるのだと思わせる、碧と空の違い。余計なものが増えたほうが生きることが大変で、そんな碧の物語こそ面白いと思うので、そちらにも期待しているが、やっぱりいまは空と光を見ていたい。日常が疲れていると透明なものが楽なんだと思う。

「俺がいる」

空が血液型から碧の本当の子供じゃないことに気づいてしまう。絶対的な安心感のもとであった母親との関係性が崩壊してしまった絶望に、未だ恋愛関係にない光が手を差し伸べる。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

ウチの娘は、彼氏が出来ない!!

ウチの娘は、彼氏が出来ない!!

「恋愛小説の女王」と呼ばれた少女のような天然母としっかり者で筋金入りのオタク娘、トモダチ母娘のエキサイティングラブストーリー。母・水無瀬碧を菅野美穂、娘の空を浜辺美波が演じる。日本テレビ系にて、2021年1月13日〜放送中。

2021年2月18日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。