review

flumpool コロナ禍でもツアー開催を選んだたくましさの理由

flumpool コロナ禍でもツアー開催を選んだたくましさの理由

ソフトなイメージを裏切る、flumpoolのたくましい姿勢の理由を探る

コロナ禍の中、全国31都市36公演を巡る大型ツアー『flumpool 10th Tour「Real」』を開催中のflumpool。本ツアーは、2020年8月、すでに販売していたチケットを一旦全て払い戻した上で新開催概要を定め、収容人数をガイドラインに沿って抑えて再販。メンバーがその決意と覚悟のほどを綴ったコメントを発表すると共に、実施に踏み切ったものである。約4年ぶりにリリースしたオリジナルアルバム『Real』を携えたこのツアーに対して、メンバーには特別な思い入れがあったのだろう。

もちろん、何が何でもライブを断行するというわけではなく、刻々と変わるコロナの状況を精査し、対応を柔軟にアップデート。いくつかの延期も発生しているが、それらの振替公演を盛り込みながら1本1本成功例を積み重ね、すでにツアーは折り返し地点を過ぎている。並行して、ファンクラブ限定のオンラインツアー『flumpool FAN MEETING~裏Real~』も開催中。一連の決断と行動に、彼らの柔らかいパブリックイメージを良い意味で裏切るような、果敢でたくましい姿勢を感じる。


ツアー開催を彼らが表明した2020年夏頃を思い返すと、単発ライブはポツポツと再開し始めていても、それについて大きな声で話すのが躊躇(ためら)われるような、エンタテインメント全体の委縮・自粛ムードがあったように記憶している。同年8月15日、まずはツアー初日を迎えるはずだった地元・大阪を舞台とした初配信ライブ『flumpool「FOR ROOTS」~半Real~』を開催。AR技術を駆使した洗練された表現でうっとりとさせる一方で、ルーツを辿るドキュメント映像をたっぷり盛り込んで、彼らの人間性とバンドの歴史を明確に伝えていたのも印象深い。


配信ライブのMCで山村隆太(Vo)は『Real』ツアー開催への意欲を明言していたが、他アーティストのツアー中止や延期のニュースが相次ぐ状況だったので、本当に幕は開くのだろうか?と個人的には心配していた。しかし彼らは約束通り、全国で待つファンの元へ会いに行く決断をする。勇気があると感じたし、ツアー初日の10月2日、大宮ソニックシティにおける極めて厳重な感染対策からは、並々ならぬ真剣さが伝わって来た。

歓声を発して盛り上がることができない状況を逆手に取った演出、選曲、遊び心溢れるオリジナル応援グッズの活用。制約のある中でファンを楽しませようとする彼らの試行錯誤、そんなバンドの心意気を汲み取ったファンの協力。それらが結びついて生まれた新しいライブの在り方を目の当たりにすると、温かい何かが心に広がった。それは、バンドとファンが互いを想い合っていることへの感動だった。約2カ月後に足を運んだ東京・中野サンプラザ公演では、スタート当初は手探りだったその新たな試みがしっくりと馴染んできているように思われた。

flumpool コロナ禍でもツアー開催を選んだたくましさの理由
『Real』ツアー専用の応援アプリ「PEPEンライトReal」を制作

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月20日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。