review

柳原陽一郎「これまでの歌」と「これからの歌」デビュー30周年を機に初のピアノ弾き語りアルバムを発表

柳原陽一郎「これまでの歌」と「これからの歌」デビュー30周年を機に初のピアノ弾き語りアルバムを発表

柳原陽一郎、初のピアノ弾き語りアルバムをリリース

歌とピアノ。それも歌う人が奏でるピアノ。今どきの言葉で言うなら歌の「ミニマリスト」というところだろうか。必要なものだけによる簡素さが心地よく、だからこその統一感とセンスが際立つ。柳原陽一郎の新作『GOOD DAYS』は、そんなミニマリストによる片づいた暮らしぶりにも通じるアルバムだ。

収録曲はバンド時代の代表曲「さよなら人類」をはじめとするセルフカバーが8曲と、ボーカリストとして参加した「木曜日は雨」(さくらももこ×来生たかお『One Week』収録)のカバー、そして新曲が3曲。いずれも歌とピアノ演奏の同時録音ならではの臨場感が、シンガーソングライター柳原の原点回帰を思わせる仕上がり。

デビュー30周年を機に制作に着手したもののコロナ禍でレコーディングが中断。1年の月日をかけて作られた、キャリア初となるピアノ弾き語りアルバム『GOOD DAYS』にこめた想いを聞いた。

柳原陽一郎「これまでの歌」と「これからの歌」デビュー30周年を機に初のピアノ弾き語りアルバムを発表

懺悔でもあり、暴露でもあるアルバム

──意外にもピアノ弾き語りアルバムは初めてだそうですが。こういうスタイルでアルバムを作ろうと思ったきっかけから伺えますか。

柳原:30周年というのが大きかったですね。これまで出した曲で「ピアノ弾き語りバージョンでも聴いてもらいたい」という曲を集めてみたらどうだろう、みたいな。そういえば、ピアノを弾いて歌ってるわりには、ピアノと自分の歌だけでちゃんとアルバムを作ったことがないなぁと思って。

──これまでピアノ弾き語りアルバムを考えたことは?

柳原:基本的に弾き語りを音源で出すということには消極的なほうでしたね。ドラムがあって、ベースがあって、ホーンセクションがあって、という音楽が好きだから。作るときもそういう音が入った決定版の音源を作るんだ、っていうことでやってきたので。

だって弾き語りって、語弊を恐れずに言うと家でやってることと変わらないわけですから。ラジオでかかるかもしれない音源を世の中に出すのなら、どんなサウンドの上に私の歌が乗ったらいいか、ということを考えて作るのは当然の話だったんですよね。もちろん弾き語りのものが好きだっていう人もいると思いますけど、僕はバンドの音やポップスが好きだったので。自分が作るものという意味では弾き語りの作品は全く考えていませんでした。

──その気持ちに変化があったということですか。

柳原:この5年くらい全国のいろんなところで、ピアノやギターの弾き語りで歌うようになったんです。会場によっては後ろにドラムやベースがあるより、自分の間合いで歌うほうが気持ちがいい場合があったりするので。だとしたら、これで音源を作ってもいいかもしれない、たぶん私の技量では何か足りない、何か欠けたものになるのだろうけど。

それをさらけ出して「30年やってもこの程度なんだね」って捉えてくれてもよし、「あぁ、ヤナちゃんはいい間合いを持ってるね、いい声してるね」と思ってくれるもよし。懺悔でもあり、暴露でもありっていうような感じのアルバムにしようかなと思いました。

──懺悔?

柳原:懺悔、懺悔。だってどう考えたって人の期待には応えてないから。自分の期待にも応えてないし(笑)。

──そうでしょうか。

柳原:僕はどうしても間合いの人間だから。「人がこうきたら、こうしようかな」「あの人は音が大きいから、僕は逆に音を下げようか」みたいなことを考える人間で。ちょっとプロデュース指向が強いというか、すぐ脇役に回ろうとするというか。脇に回ることが好きな人間なんですね。

──脇に回るのが好きなら、自分が前面に出る弾き語りは、そういう意味でもあまり作りたくないものだったり。

柳原:そうそう。基本、人が必要なんですよね。ライブではお客さん、音楽を奏でるときには他のミュージシャンが必要。要はストリップ、そこで「あら恥ずかしい」「お、なかなかいいんじゃない?」と思ったりするタイプ。お客さんがいないのに踊り子は踊るわけないでしょ? それと同じで、ギターやドラムやベースがないとっていうタイプなのかもしれない、本当は。

柳原陽一郎「これまでの歌」と「これからの歌」デビュー30周年を機に初のピアノ弾き語りアルバムを発表

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年5月3日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。