review

『おかえりモネ』新次(浅野忠信)・亮(永瀬廉)の歌舞伎町みたいな父子が嵐を起こしそうな第17回

『おかえりモネ』第4週「みーちゃんとカキ」

第17回〈6月8日(火)放送 作:安達奈緒子、演出:梶原登城〉

『おかえりモネ』新次(浅野忠信)・亮(永瀬廉)の歌舞伎町みたいな父子が嵐を起こしそうな第17回
イラスト/AYAMI
※本文にネタバレを含みます

「(亮の)顔……前と全然違うんだもん」
進路に迷う百音(清原果耶)三生(前田航基)は、進路を見極めたようにしっかりして見える未知(蒔田彩珠)亮(永瀬廉)と比べて途方に暮れる。

【関連レビュー】『おかえりモネ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜第17回掲載中)

だが、百音は、父・耕治(内野聖陽)が言う「風」や、祖父・龍己(藤竜也)の語る「木」に敏感になっていた。今まで、何気なく過ごしていたものが百音の心に引っかかる。何かが見えそうな気配が漂っている。

三生、居候する

『おかえりモネ』の登場人物は皆、堅実である。歴史ある寺を継いで坊主になりたくないと反抗して金髪にしている三生も、グレてだらしない生活をしているわけではなく、親に高い学費を出してもらいながら坊主の道を選びきれない自分を責めている。彼は迷いなく漁師をやっている亮や、高校生にもかかわらず本格的なカキの自由研究を粛々と行っている未知を尊敬のまなざしで見ている。

そんな真面目な話を語るのは、海の前。百音の家の裏はもう海、そして向こうは山。空と海と山を見ながら、若者たちは何をしたいのか、するべきなのか迷う。

百音と三生のまったりした時間を壊すのは耕治。「おまえら! 何しっぽりやってんだ」と百音と三生の仲を裂き、バーベキューの準備をはじめる。

「日が暮れたら、風は全部町の方向から吹くだろ」と当たり前のように言う耕治の話を聞いて「風」に思いを致す百音。薪を取りに行くと、木の種類が百音にはわかるようになっていた。

そこへ龍己がやって来て、彼もまた木の種類に詳しい。漁師と木の関係、ひいては山の関係を聞いた百音は実感する。子供のときに祖父から何気なく聞いた「山は海とつながってるんだ」とか「な〜んも関係もないように見えるもんが何かの役に立つことは世の中にいっぺえあるんだよ」という言葉がようやくお腹に落ちてきた。そのとき、百音は木の香りを嗅いでいる。海の香りや波や風の音、木の香りが百音の感性を刺激している。

それぞれの言葉の重み

藤竜也のイメージは昭和時代、任侠ものやバイオレンスもので活躍していたカッコいい俳優。高級老人ホームのドラマ『やすらぎの郷』で、年をとってもダンディで美学があって、他者にはカッコ悪いところを絶対に見せない役を演じていたが、その役のようなイメージがある。

だからこの、一時はマグロ漁船に乗り、その後はカキ養殖一筋、海に生きる人物の男気みたいなものが溢れている。見た目のカッコよさ渋さのみならず、木の話、山と海の話をするときの説得力。カラダに染み付いているように言葉を話す。目の前の自然の一部のようで素敵だった。

龍己やサヤカ(夏木マリ)はちょっとカッコいいセリフを言う。耕治や亜哉子(鈴木京香)はまだそこに到達していなくて素朴。とりわけ亜哉子は、「このお弁当箱、ホントめんこいねえ」とか、「(耕治は)もう、音の出るものが好きねえ」とか素朴。

『おかえりモネ』新次(浅野忠信)・亮(永瀬廉)の歌舞伎町みたいな父子が嵐を起こしそうな第17回
写真提供/NHK

この記事の画像

「『おかえりモネ』新次(浅野忠信)・亮(永瀬廉)の歌舞伎町みたいな父子が嵐を起こしそうな第17回」の画像1 「『おかえりモネ』新次(浅野忠信)・亮(永瀬廉)の歌舞伎町みたいな父子が嵐を起こしそうな第17回」の画像2 「『おかえりモネ』新次(浅野忠信)・亮(永瀬廉)の歌舞伎町みたいな父子が嵐を起こしそうな第17回」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

おかえりモネ

おかえりモネ

NHK「連続テレビ小説」第104作目の作品。宮城県気仙沼市の離島・亀島で育った清原果耶演じるヒロインの永浦百音が、気象予報を通じて幸せな「未来」を届ける希望の物語。2021年5月17日~10月29日放送。

お買いものリンク