review

『おかえりモネ』第19回 泥酔した父の世話をする亮(永瀬廉)の人生 永浦家の面々の人生も明らかに

『おかえりモネ』第4週「みーちゃんとカキ」

第19回〈6月10日(木)放送 作:安達奈緒子、演出:梶原登城〉

『おかえりモネ』第19回 泥酔した父の世話をする亮(永瀬廉)の人生 永浦家の面々の人生も明らかに
イラスト/AYAMI
※本文にネタバレを含みます

お盆も終わり、海に盆舟を流す送り盆の行事が行われる。それぞれの思いを胸に祈りを捧げる百音(清原果耶)たち……。親の後を継ぎたくない三生(前田航基)、自分が家業を守ると意地になる未知(蒔田彩珠)の姿を百音は見つめる。光る海に自分の心を映して見るような朝だった。

『エール』での音(二階堂ふみ)たちが父の散骨を海でやるシーンなども人気が高かった。海ロケのシーンは強い。

【関連レビュー】『おかえりモネ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜第19回掲載中)

母似の未知、父似の百音

未知の種ガキ研究を発端に、永岡家の懐事情が明かされ、ギクシャクしたものの、百音の機転で事なきを得た翌朝。送り盆の支度がはじまる。

支度しながら語り合う百音、亜哉子(鈴木京香)、未知。昨夜の気まずさをおずおずと解消するように、触れないようにして、違う話題で笑おうとする。

家族の中では、亜哉子が生真面目な人物で、未知が母似。百音は耕治(内野聖陽)に似て柔らかいほう。つまり、今は少し塞いでいるけれど、百音は父に似て明るいキャラであるということだろう。そんな百音がこんなにも大人しくなっているなんてよっぽどのことであろう。天気予報の番組に出ている朝岡(西島秀俊)のことも言いかけて口ごもってしまうほど(第16回)

黙って百音は家族を見つめている。「がんばってんだよ」と未知の意地っ張り具合を評価する。それを嬉しそうな顔して亜哉子は聞いている。気配りし合ういい家族である。

盆棚の前で祖母・雅代(竹下景子)のささやくような声でモノマネをする百音と未知が二羽の小鳥のようだった。

父の十字架

父・秀水(千葉哲也)から逃げまくっている三生。送り盆の法要を行う父の姿を見て、何かを思いながらも仙台に戻ることにする。どう見ても三生に気づいている状況だが、秀水は泳がしている。さすが僧侶、懐が広い。

「家業を継がないパイオニア」として三生に共感を示す耕治は、「親父が人生賭けてきた仕事を継がねえって十字架はなかなか重い」と言う。ロックにハマっている三生は十字架のペンダントをしていて、そこからも仏教から離れたいという気持ちが滲む。離れようとすればするほど意識しているのが丸わかり。それをじっと見ている百音(三生を追いかけるとき、第11回の書店シーンにもあったカーブミラーカットが)。

耕治が三生をやたらいじっているのが興味深い。男の子どもも欲しかったのかなという気もしてしまう。

送り盆に来なかった亮(永瀬廉)は、ぐでんぐでんに酔った父・新次(浅野忠信)の世話をしていた。亮は親父が人生賭けてきた仕事を継いでいて、新次はまんざらでもない。でも亮にもどこか迷いが見える。彼もまた十字架を背負っているようである。

『おかえりモネ』第19回 泥酔した父の世話をする亮(永瀬廉)の人生 永浦家の面々の人生も明らかに
写真提供/NHK

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おかえりモネ

おかえりモネ

NHK「連続テレビ小説」第104作目の作品。宮城県気仙沼市の離島・亀島で育った清原果耶演じるヒロインの永浦百音が、気象予報を通じて幸せな「未来」を届ける希望の物語。2021年5月17日~放送中。

2021年6月10日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク