review

『おかえりモネ』第11回 今週の演出は『あまちゃん』でキュン♡シーンを担当した梶原登城氏

『おかえりモネ』第3週「故郷の海へ」

第11回〈5月31日(月)放送 作:安達奈緒子、演出:梶原登城〉

※本文にネタバレを含みます

モネこと百音(清原果耶)が登米に来て3カ月、初任給をもらい、祖母・雅代(竹下景子)の初盆に久しぶりに故郷・亀島に帰ることになった。お土産を両手いっぱいに抱えて、BRT(バス高速輸送システム)、フェリーを乗り継いで、山から海を渡って島につく。家族のあたたかい声と笑顔にモネは包まれる。
2014年7月。

【関連レビュー】『おかえりモネ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜第11回掲載中)

うな重美味しそう

気象予報士・朝岡(西島秀俊)に影響を受け、気象予報士の勉強をはじめたモネ。試験の本を買ったとき、レンズフレアのなないろの光がこれでもかとモネに差し込んで、彼女の心に希望を灯す。
いざ高価な本を開くと、見知らぬ言葉の数々に怯むも、できることからはじめるモネ。空の写真を撮って大きなボードに貼って名前と形を覚えるなどして、夏を迎える。

初任給をもらったモネ。その晩の食事はうな重。サヤカ(夏木マリ)がお重を捧げ持って、モネに向かい頭を小さく下げるところを見ると、モネが初任給で奮発したのであろう。モネ、いい子。家賃についても相談する。

モネの良いところは、誠意や努力をひけらかさないところ。「粛々」という言葉が似合う。もしくは「地道」に「コツコツ」。

モネは帰郷したくないのか

サヤカに帰省を促され、帰郷することにしたモネ。帰省すると聞いた菅波(坂口健太郎)が「意外と帰りたくないとか?」とモネの心を伺うようなことを言う。モネは言葉少なで表情に感情をあまり出さないから、周りが口にすることでモネの感情がわかる。菅波は医者だから敏感なところがあるのだろう。毒舌な人物ではあるが、医者をやっているだけはあって、心底人に冷たいわけではないのだろう。

「ハートウォーミングな案件くさしてたら悪者になる」と自己弁護する菅波。何かとキツイことを言いがちなことを自覚しているようだ。第10回の「あなたのおかげで助かりましたっていうあの言葉は麻薬です」をはじめとしたきついセリフの数々はSNSをざわつかせた。

空気が読めないのではなく、空気をあえて読まずに波風立てる男・菅波。いったいなぜ彼はそんなことをするのか。気になる。クールな印象の一方で、空間認識能力が若干人より劣っているため、投げられたものを受け取ることができないところもある。モネはそんな菅波がおもしろい人と思うようになる。

『おかえりモネ』第11回 今週の演出は『あまちゃん』でキュン♡シーンを担当した梶原登城氏
写真提供/NHK

この記事の画像

「『おかえりモネ』第11回 今週の演出は『あまちゃん』でキュン♡シーンを担当した梶原登城氏」の画像1 「『おかえりモネ』第11回 今週の演出は『あまちゃん』でキュン♡シーンを担当した梶原登城氏」の画像2 「『おかえりモネ』第11回 今週の演出は『あまちゃん』でキュン♡シーンを担当した梶原登城氏」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「あまちゃん」に関する記事

「あまちゃん」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「あまちゃん」の記事

次に読みたい「あまちゃん」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

おかえりモネ

おかえりモネ

NHK「連続テレビ小説」第104作目の作品。宮城県気仙沼市の離島・亀島で育った清原果耶演じるヒロインの永浦百音が、気象予報を通じて幸せな「未来」を届ける希望の物語。2021年5月17日~10月29日放送。

お買いものリンク