review

『おかえりモネ』は因果の物語である。山も海も、過去も現在も未来もつながっている

『おかえりモネ』第4週「みーちゃんとカキ」

第20回〈6月11日(金)放送 作:安達奈緒子、演出:梶原登城〉

『おかえりモネ』は因果の物語である。山も海も、過去も現在も未来もつながっている
イラスト/AYAMI
※本文にネタバレを含みます

久しぶりに実家で過ごした百音(清原果耶)は登米に帰る船の上で、天気予報士の仕事をすれば人の役に立てるかもしれないと希望を抱く。

【関連レビュー】『おかえりモネ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜第20回掲載中)

第20回の放送の前に「このドラマ、少しずつつながって見えてきましたね、全体像が」と『おはよう日本 関東版』で高瀬アナがこう解説していた。

『おかえりモネ』がはじまって4週目。主人公が何を考えているかわからないという感想がSNSなどには上がっている。百音の情報をざっくりまとめてみる。

音楽の高校受験に落ちた日に震災があって、その時、地元・亀島ではなく仙台にいたことで引け目を感じ、3年間鬱々とした末、地元を出ることにした百音。「人の役に立ちたい」けれどどうしたらいいかわからない。

本人が何をしたらいいかわからないから、視聴者もわからないのは当然のこと。……いや、ホントはみんな薄々わかってはいる。ただ、主人公が思っていることをはっきり言葉にしないから、感じたことの答え合わせができず、不安になるだけなのである。

自分が何をしたいかわからない主人公が少しずつわかっていく過程を楽しむドラマが、4週目のラストでようやく人の役に立てることの確信をみつける。その瞬間、海の上で風に髪をなびかせながら、太陽の光を目に受けてキラキラしている百音の表情が清々しい。海風回っています、という感じの劇伴も盛り上がる。

いよいよ気象予報士の道を百音が邁進していく。山も海もつながっているし、物語も、過去も現在も未来の断片がつながっている。原因と結果、『おかえりモネ』は因果の物語である。

姉妹の複雑な関係

海から挙げた原盤をチェックすると、思ったよりカキの赤ちゃんはついていなかった。「おじいちゃん喜ぶと思ったんだけどな」としょげる未知(蒔田彩珠)。喧嘩するけど、おじいちゃんのために未知は頑張っているのだ。

それを痛いほど感じる百音は、未知の地場採苗の研究には島に利益をもたらす可能性があると力説する。龍己(藤竜也)はからかいつつも、内心、孫が家業に熱心であることを喜んでいた。近隣の人たちも無理無理と言いつつも、頭ごなしに否定したりはしない。皆、基本、やさしい人たちばかりである。

百音と未知もすごく仲が良い。百音は姉らしく未知を思いやり励まし、周囲からも守ろうとする。

未知は、百音が気象予報士の勉強をはじめたことを知る。勉強が得意な未知と、勉強が苦手な百音。「先のことがわかれば人助けができるかなと思って」と言う百音に、「私のせい?」と聞く未知。

そこで思い出されたのは3年前のこと。震災が起きた後、未知は百音に「おねえちゃん、津波見てないもんね」と言う。その瞬間、息が止まったように見える百音。大きな瞳からは涙が溢れる。

『おかえりモネ』は因果の物語である。山も海も、過去も現在も未来もつながっている
写真提供/NHK

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おかえりモネ

おかえりモネ

NHK「連続テレビ小説」第104作目の作品。宮城県気仙沼市の離島・亀島で育った清原果耶演じるヒロインの永浦百音が、気象予報を通じて幸せな「未来」を届ける希望の物語。2021年5月17日~放送中。

2021年6月11日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク