review

朝ドラ『おかえりモネ』第21回 永瀬廉によって「及川亮」が輝く理由

『おかえりモネ』第5週「勉強はじめました」

第21回〈6月14日(月)放送 作:安達奈緒子、演出:桑野智宏〉

※本文にネタバレを含みます

ナレーション:「いい顔して戻ってこれてよかった」(雅代 / 竹下景子)

【関連レビュー】『おかえりモネ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜第21回掲載中)

久しぶりに実家で過ごし、いろいろな気づきを得て登米に帰る百音(清原果耶)。気仙沼の本土で亮(永瀬廉)に会う。何か悩んでいそうな彼に話を聞こうとするがm「そういうのは俺やっぱいいわ」と交わされてしまった。

帰りのバスには菅波(坂口健太郎)が乗っていて、気象予報士になるならもっと別の本をまず読んだほうがいいとアドバイスされる。

亮に見送られてバスに乗ると菅波。窓の外を気にする菅波に「幼馴染です」と言って「何も聞いていませんが」と返される。亮と百音、菅波と百音。あるあるとはいえドキドキ。第5週のサブタイトルは「勉強はじめました」で、百音がようやく進路を見つけて頑張っていく流れだが、それと同時に恋もはじまった予感がする。

『あさイチ』では鈴木アナが、亮、菅波、中村先生(平山祐介)……とイケメンリレーで目が潤ったと語り、SNSで話題になった。

及川亮が永瀬廉によって輝く理由

眩しいほど明るく見えて、どこか影のある及川亮。本人にはポテンシャルしかないが、父・新次(浅野忠信)が飲んだくれていることが亮に暗い影を落としている。

アイドルとしての曇りのない明るさを放ちつつ、トップアイドルとして立ち続けるには気力体力を相当使っているであろうジャニーズの人気グループ“King & Prince”のメンバーである永瀬廉が、深い悩みを抱えながらニコニコ笑ってスマートに振る舞っている亮を見事に体現している。キラキラが天然ではなく負荷がかかっている感じが亮の役にちょうどいい。

カキの箱を抱えてふっと俯いて「ごめん。なんか言ってもらうの待ってるみたいだな」と立ち上がるところとか、「そういうの俺やっぱいいわ」と強がり言って笑う顔とか、輝きと曇りの絶妙な交差は風が吹くような効力がある。

ジャニーズの良いところは、王子様なんだけど庶民感覚を失っていないところ。金髪で派手な服装にサンダルが自然な感じもハマっている。バスの外から手を振るカメラ目線も決まった。

ツンデレ菅波

亮は荷物を持ってあげるのに、菅波は持たない。百音に「先生のほうがひ弱そうだし」と言われてしまうほど。

その後、ムッキムキの中村先生がドアをガンッと開けて出てきて、菅波の弱々しさがさらに際立つ。演じている坂口健太郎は学生時代バレー部で、背中や腕まわりなどしなやかで大きく良さそうな筋肉を持っているはずだが、そう見せないことがすごい。

バスに乗って来た百音に気づきつつ知らん顔したり、亮をさりげなく気にしたり、医者になろうと思ったとき最初に読んだ本は「ブラックジャックです」と言ったそばから「嘘です」と切り返す。漫画や絵本から勉強をはじめたほうがいいんじゃないかと若干嫌味なところ、カキに3回もあたっているのでリスク回避のために食べないことにしていること、……ツッコミどころ満載のキャラである。そんな彼にも何かがありそうで……。瞳の中に虚無がある感じがするが、好きな鮫の話をすると楽しそう。

朝ドラ『おかえりモネ』第21回 永瀬廉によって「及川亮」が輝く理由
写真提供/NHK

この記事の画像

「朝ドラ『おかえりモネ』第21回 永瀬廉によって「及川亮」が輝く理由」の画像1 「朝ドラ『おかえりモネ』第21回 永瀬廉によって「及川亮」が輝く理由」の画像2 「朝ドラ『おかえりモネ』第21回 永瀬廉によって「及川亮」が輝く理由」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

おかえりモネ

おかえりモネ

NHK「連続テレビ小説」第104作目の作品。宮城県気仙沼市の離島・亀島で育った清原果耶演じるヒロインの永浦百音が、気象予報を通じて幸せな「未来」を届ける希望の物語。2021年5月17日~10月29日放送。

お買いものリンク