『おかえりモネ』第5週「勉強はじめました」

第22回〈6月15日(火)放送 作:安達奈緒子、演出:桑野智宏〉

『おかえりモネ』『ブラック・ジャック』で医者を目指した中村先生 気象予報士に関する漫画はある?
イラスト/AYAMI
※本文にネタバレを含みます

登米に戻って来た百音(清原果耶)。気象予報士を目指したいけれど森林組合の仕事もある。林業が衰退している今、盛り返す必要がある。

【関連レビュー】『おかえりモネ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜第22回掲載中)

百音はサヤカ(夏木マリ)から広葉樹を使った商品開発を考える課題を与えられる。やるべきことが見つからず悩んでいた時期を終えて、主人公・百音が動き始め、ドラマに活気が出て来た。

新キャラ・中村先生

森林組合に併設されたよねま診療所は菅波(坂口健太郎)が東京から通いで来ているだけではなく、上司の中村(平山祐介)がいて、ふたりが交代でやっていた。中村は菅波とは正反対の陽キャで、身体も鍛え上げあげられていて、医者としての能力も高い。菅波とは医療方針も違うようだ。中村は訪問診療がしたいと言うが、菅波は治す医療にこだわりたいと拒む。

交代制なので菅波がいる時は当然、中村はいない。だからこれまで中村が登場しなかったのも当然である。再び登米が舞台になった時に新しいキャラクターとして中村が出てくるのは構成上、正解であろう。新鮮な人物がひとりいるだけで印象も変わるものだ。中村先生みたいなしっかりした大人の人物がいると締まる。登米が舞台だった第1、2週は、朝岡(西島秀俊)がやって来ていて、彼がしっかり者の立場にいた。

水と空気はただじゃねえんだ

百音は母・亜哉子(鈴木京香)から手渡されたカキを、サヤカをはじめとした森林組合や診療所、カフェの人たちに振る舞う。

百音の持ってきたカキが3年ものであることにサヤカは気づき、「あれからちゃんと育ってよかった」と微笑む。百音はただ「はい」とだけ言うが、そこには深い思いがある。それをちらと見ている菅波。3年前の震災で被害を受けながら立て直した証しのカキだから、格別である。

ちょっとした宴会みたいになって、すっかり酒に酔った川久保(でんでん)は林業の衰退を嘆く。40年育てた木が一本1600円で買い叩かれたことが悔しい。「水と空気はただじゃねえんだ」と叫ぶ。

山に木が植わっているから、良い水と空気ができる。人間が手をかけて育てているから、良い木が育つ。間引くことで太陽光を適切に浴びることができる話は、第7回の林間学校で、翔洋(浜野謙太)が子どもたちに話していた。それがたった1600円。

それに比べて、百音の実家のカキは一個300円。その差は、百音の家が水産業をしっかり経営しているから。海が頑張っているのだから、山も頑張ろうとサヤカたちは発奮する。

こうして百音は余った広葉樹を使って新事業ができるアイデアを考えることになった。後日、木材センターでの木の売買に百音がついていくと、売れずに砕かれてしまう広葉樹のナラの前で川久保が寂しそうにしている。背中にやりきれなさを滲ませるでんでん。

第20回のレビューで、人の声が入った劇伴について書いたが、この回も声入り劇伴が流れた。なんだかやっぱり山や海の命の声のような気がする。「ここにいるよー」「一緒に生きてるよー」と言っているような。空気も水も生きていて、それが音になって聞こえてくるような気がする。

『おかえりモネ』『ブラック・ジャック』で医者を目指した中村先生 気象予報士に関する漫画はある?
写真提供/NHK

この記事の画像

「『おかえりモネ』『ブラック・ジャック』で医者を目指した中村先生 気象予報士に関する漫画はある?」の画像1 「『おかえりモネ』『ブラック・ジャック』で医者を目指した中村先生 気象予報士に関する漫画はある?」の画像2 「『おかえりモネ』『ブラック・ジャック』で医者を目指した中村先生 気象予報士に関する漫画はある?」の画像3