review

『コントが始まる』最終回は終わりではなく始まりだった 結論のないドラマの要因を考える


※本文にはネタバレがあります

コロナ禍がドラマに与えた影響は? 『コントが始まる』最終回

『コントが始まる』(日本テレビ系 土曜よる10時〜)最終回は終わりではなく始まりだった。

【前話レビュー】『コントが始まる』は次なるステージの準備の時間、人生の「客入れ」の時を描いている

まずはいつものようにコントから始まる。最後のコントは「引越し」。途中で春斗(菅田将暉)のセリフが止まってしまって、どうなる? と思ったら――本番前のリハーサルだった。

そこへ春斗の兄・俊春(毎熊克哉)が差し入れに来る。水だったからまたマルチのヤバい水かと怯むマクベスの3人。でも普通の水だった。お兄ちゃんの毒のあるユーモアはレベルが高い。『コントが始まる』全話の中で最も面白い場面だったような気がする。

ということを踏まえると、やっぱりマクベスはプロとして売れっ子になるほどの才能はなかったのかもしれない。解散ライブも内輪の客ばかり(最初の単独ライブに来た客5、6人もいる)という感じなのは必然なのかなと思うと、うーー寂しい。が、気を取り直して、続きを観ていこう。

前半は一言で言うと総集編。登場人物がこれまでを振り返ったり、これまで出てきた脇役の人たちが再登場したりする。中浜の立ち直るきっかけをくれたファミレスの女性客が焼き鳥屋の大将(伊武雅刀)の妹で、双子で還暦で独身というものすごく盛った設定の持ち主だったこととか、海外冒険の旅で瞬太(神木隆之介)がファミレスの店長・恩田(明日海りお)の話に出てくるカルロスらしき人に会うことなど、最終回らしいサプライズもあった。

里穂子(有村架純)はめっちゃきれいにして解散ライブに出かけていく。彼女はマクベスと関わって変わった。いや、変わったというか取り戻したというほうが正しいような気がする。社会に出て仕事や恋愛で失敗し。学生時代の積極的な頑張り屋の面を抑えなくてはならなくなった彼女が、マクベスを支えに復帰することができたのである。

奈津美(芳根京子)と隣の席で、ドラマの第1話に出てきたコント「水のトラブル」を観ながら過去を振り返る里穂子。マクベスとの出会いは偶然か必然か。答えは出ないかもと考える。

舞台上でのコント「引越し」では、「あとで振り返ったときに正解だったと思えるように生きていくしかないだろう」と春斗が言う。このコントのオチはブラックだった。解散ライブの最後のコントも何かすっきりしたものではない。

「おれにとってマクベスとはいったいなんだったのか」と楽屋でメイクを落としながらしながら考える春斗。「この10年にどんな意味があったのか」。コントでは「あとで振り返ったときに正解だったと思えるように生きていくしかないだろう」と言うけれど、春斗は振り返ってもこの10年が正解だったかわからずにいる。

尊い時間の終わりのとき

打ち上げは、焼き鳥屋ボギーパットが一次会、つむぎ(古川琴音)のバイト先だったスナックが二次会、三次会はマクベスの3人だけでラーメン屋。「喜多方」と「とんこつ」と「喜多とん」ラーメンのある店。

瞬太は解散の境界線を美しく引こうと考えてこの店を選んだようだ。ラーメンを食べ終わった瞬間、良い話をするのがお決まりだったから。ところが、つゆを全部飲んで咳払いして沈黙した春斗は、「意外とうまかったな」としか言わない。ここでもすっきりしたオチはつかない。

後日、引越しの準備をしている時、冷蔵庫の争奪戦ジャンケンを行う。あいこが続き、「奇跡、まじで」と大笑いしながら、おなじみのへんな言動をしながらジャンケンをし続ける3人。

「このままあいこが永遠に続いてくれたら、この時間を終わらせずに済むと思った」「このじゃんけんが終わってしまったら、もう二度とこのアホみたいな瞬間が訪れないんじゃないかという恐怖でもあった」と思った春斗がけっきょくは勝って、尊い時間を終わらせてしまう。ハァハァハァ ハァハァハァと荒い息遣いがどんなセリフよりも演技よりも哀しみが募る名演技であった。

この記事の画像

「『コントが始まる』最終回は終わりではなく始まりだった 結論のないドラマの要因を考える」の画像1 「『コントが始まる』最終回は終わりではなく始まりだった 結論のないドラマの要因を考える」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

コントが始まる

コントが始まる

菅田将暉主演、共演に有村架純、神木隆之介、仲野太賀、古川琴音という豪華なキャスト陣が集結。菅田、神木、仲野は売れないお笑い芸人のトリオ「マクベス」を演じる。日本テレビ系にて、2021年4月17日〜6月19日放送。

お買いものリンク