review

『おかえりモネ』第79回「わかってんでしょ?」一瞬の慰めを求めてすがる亮に百音は……

『おかえりモネ』第16週「若き者たち」

第79回〈9月2日(木)放送 作:安達奈緒子、演出:梶原登城〉

『おかえりモネ』第79回「わかってんでしょ?」一瞬の慰めを求めてすがる亮に百音は……
イラスト/AYAMI
※本文にネタバレを含みます

※『おかえりモネ』第80回のレビューを更新しましたら、Twitterでお知らせします


亮「それでもいい」
百音「これで救われる?」
百音(清原果耶)亮(永瀬廉)の際どいやりとり。百音には菅波(坂口健太郎)がいることをわかったうえで、一瞬の慰めを求めてすがるような亮に百音は……。

【レビュー一覧】『おかえりモネ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜第79回掲載中)

魔が差すじゃないが、一時の気の迷いによる危うい感情を朝ドラでこれほどシリアスに描くことは珍しい。百音と亮の探り合うような心理描写に見応えがあった。

「わかってんでしょ?」

震災以降の気持ちを語り合った百音、明日美(恒松祐里)、亮、未知(蒔田彩珠)、三生(前田航基)、悠人(高田彪我)。お腹が空いたので築地の場外市場に食事に出かける。築地の風景も美味しい食べ物の画も楽しく語らう百音たちの姿も省略されて(川の遠景のみ挿入される)、築地から帰ってきたところから話が続いていく。

余談だが、永瀬廉と同じKing & Princeの岸優太が出ている月9『ナイト・ドクター』とは真逆だと感じる。このドラマでは毎回、レギュラー陣が風通しのいい屋上に集って語らっている。焼き肉、スイカ割り、流しそうめん……と癒やされる食の風景が見どころなのだが、『モネ』では一切なし。『モネ』が追求するのは心の風景である。「体の痛みも心の痛みも本人でなければ絶対にわからないんですよね」と菅波が言うように、本人しかわからない、いや本人すらわからない言葉にできない心象風景を『モネ』は静かに見つめている。

第78回の振り返り場面で、三生が泣いているカットの後ろで、水飲み鳥がさりげなく、あまりにもさりげなくゆらゆら揺れる様子が映り込んでいる。「やじろべえ」の代わりのようである。こういうのをモンタージュ技法として印象的に使用することで視聴者の感情を誘導しないところがまた『モネ』らしい。

築地から帰ってくると、亮はひとりコインランドリーに。心配してやって来た百音の腕を掴んで「わかってんでしょ?」といつもの紳士的な表情にちょっとだけ野性味を見せる。前の晩に「ごめん、俺やっぱ百音しか言える相手いない」と電話ですがったことで自分の気持ちが伝わっていると思っている。

『おかえりモネ』第79回「わかってんでしょ?」一瞬の慰めを求めてすがる亮に百音は……
写真提供/NHK

亮は高校時代、明日美とも付き合ったことがあるし、モテモテだけれど、本当は百音が一番大事で、でも言い出せないままになっていたということらしい。その理由は多感な中学生のときに震災で母を亡くし、父の心が壊れてしまったために大切な人をつくることを恐れていたからだ。誰かに頼ってはいけないと必死で自分を抑制してきた。いつもにこにことスマートに振る舞いながら自分の弱みを見せずにきた5年間。心も体も多感な青春期にさぞ辛かったことであろう。

百音のことも震災がなく高校生になっていたら普通に付き合っていたかもしれないが、百音自身が震災で心を塞いでしまっていたから、スイーツ映画にあるようなキラキラした男女交際などできるわけもなかった。そんなとき、明日美にてらいなく好き好き言われたら本能が動いてしまうのも仕方ない。明日美もそれがわかっていたからすぐに別れて、その後も好きは好きでも諦めているのだろう(あくまで推測です)。

断ち切れなくてずるずると引きずり持て余す、衣服から垂れ下がる糸くずのような感情をこのように描いたことは野心的な試みであろう。これが朝ドラでなかったら、百音がほだされてしまうところまで描く場合もあるだろう。例えば、夜中に百音が亮に会いにいったらどうだったか。朝ドラの限界ぎりぎり。百音が同情からその瞬間だけ亮を受け入れるようなことは決してしない。菅波とうまくいきはじめたばかりだからタイミングも悪かった。しかも菅波といい感じになった同じコインランドリーでの出来事だから余計に。


あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おかえりモネ

おかえりモネ

NHK「連続テレビ小説」第104作目の作品。宮城県気仙沼市の離島・亀島で育った清原果耶演じるヒロインの永浦百音が、気象予報を通じて幸せな「未来」を届ける希望の物語。2021年5月17日~放送中。

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク