review

『おかえりモネ』第78回 悲観も楽観も本音を話すことで、立ちすくんでいた亮(永瀬廉)らが強く歩き出す

『おかえりモネ』第16週「若き者たち」

第78回〈9月1日(水)放送 作:安達奈緒子、演出:梶原登城〉

※本文にネタバレを含みます

※『おかえりモネ』第79回のレビューを更新しましたら、Twitterでお知らせします


「こういう話、ずっと聞きたかった気がする」と百音(清原果耶)

【レビュー一覧】『おかえりモネ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜第78回掲載中)

地元を出て東京に来た百音と明日美(恒松祐里)、地元に残った亮(永瀬廉)未知(蒔田彩珠)、仙台に出て今後の進路にまだ悩んでいる三生(前田航基)悠人(高田彪我)。亀島で生まれ育ち、震災を経験した6人が久しぶりに集まって本音を語り合う。最後には百音の瞳から清らかな涙が流れた。

「やっぱ食えばよかったな、オムライス」

「なんで地元で頑張っているのがえらいみたいになるの?」
積極的に東京に出て来た明日美が言うと、未知が「決めつけないで」と重い口を開く。亮は船に乗っているときも魚をおろす姿もカッコいい。だから彼のしんどさだけをクローズアップしないでほしいと願う未知の言葉を、亮は寝たふりして聞いていた。

この場面で思い出すのは、耕治(内野聖陽)亜哉子(鈴木京香)である。耕治は亜哉子に興味なく、ずっと美波(坂井真紀)を想い続けていた。ある時、影がなさすぎて芸術(音楽)に向いていないのではないかと悩んでいた耕治に亜哉子は、その明るさがいいのだと彼を全面的に肯定。自分の良さをわかってもらえた耕治の心はこれをきっかけに亜哉子へと動いた。

誰にでも悩みはあるもので、今の状況に100%満足している人なんていないだろう。地元で漁師をやることにストレスを抱えている亮ではあるが、100%漁師の仕事が嫌いなわけではないし、漁師の才能があるのだから、それはそれでいいことである。未知はずっと亮を見ていて、彼が漁師として優れていることをわかっている。

物事は多面体だからいやなところに光を当てたら絶望してしまうが、良きところに光を当てたら希望を持つことができる。未知が亮の良きところに光を当てた。そしてそのきっかけを作ったのは百音。あのまま亮が地元に帰ったらこんな話をすることもなかったのだから。

『おかえりモネ』第78回 悲観も楽観も本音を話すことで、立ちすくんでいた亮(永瀬廉)らが強く歩き出す
写真提供/NHK

『モネ』の登場人物たちが本音を言えないでいることは以前のレビューで指摘した。第78回でやはり彼らが気持ちを抑えていることが明かされる。

悠人は仙台で、地元が気仙沼であることを言わずにいる。明日美は家族とも震災の話はしない。しんどさばかりクローズアップされるのもしんどいし、本当のしんどさは当事者しかわからないことだし、ことは簡単ではないからであろう。自分たちすら自分の考えを正しくジャッジできない。心はいつも、主題歌「なないろ」のように“やじろべえ”みたいに微かにバランスをとっているのであろう。

「話しても地獄、話さなくても地獄なんだよな」と亮は言う。話さないと混沌とした感情がたまっていくばかりでしんどいし、言語化してしまうと意味が明瞭になってしまってしんどい。だから極端に傾かないように、懸命にゆらゆらとバランスをとり続ける。その不安定な脆さ、つかめそうでつかめない淡い光のような感触が『モネ』の魅力である。

「UFO」も「改造」もない世の中で生きていくと諦めかけた亮の手を取り、三生は「UFO」も「改造」もあると泣く。悲観も楽観も思い切って本音を話すことで、立ちすくんでいた彼らは良い方向(前進あるいは上昇)に向かったような気がする。

「やっぱ食えばよかったな、オムライス」と亮が言う。お腹が空くということは前進する(生きる)ことである。百音が喫茶店でオムライスを頼まず、菜津(マイコ)が彼らに食事を振る舞わないことにも意味があった。人間は自らの意思で動くしかないのである。周囲はただその手助けをするだけだ。


この記事の画像

「『おかえりモネ』第78回 悲観も楽観も本音を話すことで、立ちすくんでいた亮(永瀬廉)らが強く歩き出す」の画像1 「『おかえりモネ』第78回 悲観も楽観も本音を話すことで、立ちすくんでいた亮(永瀬廉)らが強く歩き出す」の画像2 「『おかえりモネ』第78回 悲観も楽観も本音を話すことで、立ちすくんでいた亮(永瀬廉)らが強く歩き出す」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「まれ」に関する記事

「まれ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「まれ」の記事

次に読みたい「まれ」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

おかえりモネ

おかえりモネ

NHK「連続テレビ小説」第104作目の作品。宮城県気仙沼市の離島・亀島で育った清原果耶演じるヒロインの永浦百音が、気象予報を通じて幸せな「未来」を届ける希望の物語。2021年5月17日~10月29日放送。

お買いものリンク