『おかえりモネ』第16週「若き者たち」

第80回〈9月3日(金)放送 作:安達奈緒子、演出:梶原登城〉

『おかえりモネ』「どうしたの?」菅波の一言が米津玄師や星野源の歌声に匹敵するほどの威力だった第80回
イラスト/AYAMI
※本文にネタバレを含みます

※『おかえりモネ』第81回のレビューを更新しましたら、Twitterでお知らせします


いろいろあった末、亮(永瀬廉)たちは地元へ帰って行った。

【レビュー一覧】『おかえりモネ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜第80回掲載中)

百音(清原果耶)がコインランドリーで未知(蒔田彩珠)から送信された菅波(坂口健太郎)との2ショット(サメ展のチケットを持ったもの)を見ていると、菅波がひょっこり現れた。

東京を出て登米の診療に集中しようと考えていると聞いて、百音は思わず菅波の手に触れる。おずおずと百音と菅波が互いの想いを確かめあう姿にSNSはおおいに沸いた。

きっかけはずんだ餅

同じコインランドリーで、第79回とは正反対のことが起こる。コインランドリーで亮に腕をつかまれ引き寄せられた百音はそれ以上を拒んだ。第80回では、菅波が登米に行くと聞いた百音がつなぎとめるかのように菅波の手にそっと触れる。百音の想いを聞いた菅波は、百音が手を離そうとする刹那、思わず抱きしめる。

「これでも動揺してるんですよ、昨日から」と素直に言う菅波。「受け止めたい」と真摯に百音に伝える菅波。ずんだ餅を渡そうとする百音。唐突に登米の診療に専念すると言い出す菅波。菅波の手に触れる百音の指先の赤ちゃんが親の指を掴むような繊細さ。驚いて丸くなる菅波の瞳。「どうしたの?」とタメ口になる菅波。

ふたりの行為の連なりは主題歌を大きな音でかける効果に勝るとも劣らない。「どうしたの?」の一言だけでも米津玄師や星野源の歌声に匹敵するほどの威力があった。SNSの盛り上がりを見て、筆者は『まんぷく』の萬平さん(長谷川博己)の「おいで」も思い出した。

『おかえりモネ』「どうしたの?」菅波の一言が米津玄師や星野源の歌声に匹敵するほどの威力だった第80回
写真提供/NHK

「私は、先生が目の前からいなくなっちゃうの、いやだって思ってるんです」の「私は」が低い音でぐっと心の内から想いを押し出す百音。こんな素敵なシーンを見てよかったねえと祝福しながら、亮も百音を抱き寄せたかっただろうに……と胸が疼くことを筆者は止められなかった。亮がそうできなかったのは、自分の弱さを解消したいためだったことに気づいたからであろう。

対して菅波は百音を心から愛しく思っての行為。その違いは大きい。でも亮はちゃんと自覚して抑制することができたから立派である。ああでも「やっぱ食えばよかったな、オムライス」じゃないけれど、逃した魚は大きいというか、もっと早くに素直になっていれば……。でもそれができない理由があって……。

やむにやまれぬ運命のすれ違い。まさに、第73回明日美(恒松祐里)のセリフ「人の気持ちなんか、フワフワしたもんなんだよ。自分が大好きで、相手も自分のこと好きでいてくれる瞬間なんてね、ホント一瞬しかないんだからね。奇跡だからね……この一瞬を逃したら、次の日にはいろんなことが変わっちゃかもしれないんだよ。それで、変わっちゃったらもう、元には戻らない」が思い出される。たぶん、菅波の手を掴んだ百音もこの言葉がじわじわと効いていたのだと想像する。

亮とのことが百音と菅波にとって、いわゆる「吊り橋効果」になってしまったことに運命の残酷さを痛感せざるを得ない。「吊り橋効果」とは、ふたりで吊橋に乗って揺れを感じていると、その揺れを恋と錯覚する現象である。亮の思いがけない言動に百音も菅波も心が揺れて、それによってお互いへの気持ちも高まってしまった。嫉妬とかではない、と言いつつ気にはしている菅波。

百音は百音で、亮の積極的な行為に接したことで、こんな時どうしたらいいかを身を以て知ったからこそ、菅波の手に触れたのだろう。ずんだ餅があったおかげで、それを菅波に渡すことがふたりが近づくきっかけを作った。悠人(高田彪我)、ナイスアシスト。


この記事の画像

「『おかえりモネ』「どうしたの?」菅波の一言が米津玄師や星野源の歌声に匹敵するほどの威力だった第80回」の画像1 「『おかえりモネ』「どうしたの?」菅波の一言が米津玄師や星野源の歌声に匹敵するほどの威力だった第80回」の画像2 「『おかえりモネ』「どうしたの?」菅波の一言が米津玄師や星野源の歌声に匹敵するほどの威力だった第80回」の画像3